意外と知らない野球のルール②


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

今回も前回に引き続き
以外と知られていない
野球のルールや知識について
第3問目からお伝えしていきます。

前回のブログはこちら

それでは3問目にいきます。

2塁手がゴロをさばき
1塁手に送球をし
アウトを取りました。

この時
2塁手につく記録は
次のうちどれでしょう。

①刺殺
②捕殺
③補殺

正解は、、、

③の補殺です。
補殺とはアウトが成立した際に
それを補助する役割をはたした
選手に記録されます。

例えば
今回のケースであれば
ゴロをさばき送球をした段階では
アウトにはなっていませんが
1塁手が捕球しベースを踏んだ時点で
アウトが成立します。

つまり2塁手はアウトを補助したことになるのです。
ちなみにこのケース直接的にアウトを取ることになった
1塁手に刺殺がつきます。

その他にも
よくあるのが
外野からのバックホームの
プレーです。

この場合ランナーを
ホームでさすことができれば
送球をした選手に補殺がつき
ランナーをタッチした
キャッチャーに刺殺がつきます。

ちなみに
広島の菊池選手は
2014年に535補殺を記録しており
歴代1位となっています。
(歴代2位と3位も他のシーズンの菊池選手です。)
これは菊池選手がいかに広い
守備範囲でアウトに絡んでいるか
ということでもあります。

この「補殺」はよく「捕殺」と
間違えられますが
アウトを補助するという意味なので
補殺というので覚えておきましょう。

続いて4問目です。

1死ランナー1,3塁の場面
打球がショートへと飛んでいきました。
この打球をショートがライナーでキャッチし
2アウト目を取りました。

するとこの打球にランナーが
飛び出していたため
より大きく飛び出していた
1塁ランナーを確実にアウトにさせようと
丁寧に1塁へ送球をしフォースアウトにしました。
これで3アウトとなったので
守備陣はベンチに戻ってきました。

しかしスコアボードを見ると
相手に1点が記録されています。
さてなぜ得点が入ってしまったのでしょうか?

これはテレビでも取り上げられる
ことがあるので以外と知っている人も
多いのではないでしょうか?

気づいた人もいると思いますが
実は3塁ランナーが打った瞬間に
タッチアップをせずに
本塁へ向かいそのまま
1塁ランナーがアウトになる前に
ホームベースを踏んでしまったのです。

「タッチアップをしていないのに
なんでセーフなの?」
と思う人もいるかもしれません。

しかしよく考えれば
これは当然のことなのです。

例えば
1死ランナー3塁の場面で
外野フライが上がり
ランナーがタッチアップの体勢に入りました。
しかし、ランナーは外野手が捕球をするよりも
先にスタートを切ってしまいました。
そのままホームに突っ込んでいきセーフに
なったとします。

通常であれば
ここで守備側が
アピールプレーを行います。
ボールを持って
3塁ベースを踏み
「タッチアップが早かったのでは?」
と審判にアピールをします。

これが認められれば
3塁ランナーはもちろんアウトになります。
しかし,誰もランナーのスタートを
みておらずアピールをしなかったら
どうでしょうか?
これは当然審判が自ら指摘することは
ないのでセーフになってしまいます。

先ほどの1,3塁のケースも
これと全く同じです。
3塁ランナーはタッチアップをできていません。
しかし1塁ランナーをアウトにしたことで
3アウトをとったので安心してベンチへ戻って
しまったため
アピールプレーを守備側は行いませんでした。

だから3塁ランナーの生還は認められて
しまうのです。

このプレーは
「ルールブックの盲点」とも
いわれたりしています。

ですがこのプレー
実は阻止することもできるのです。
それは第3アウトの置き換えを行うのです。

仮にこのようなケースになってしまった場合
野手が全員ベンチにひき返して
フェアゾーンを離れてしまうと
プレーは成立してしまいます。
しかし、誰か1人でも気が付いていれば
相手に得点を与えずにすみます。

その方法はアピールプレーです。
ボールを持って3塁ベースを踏み
「3つ目のアウトを1塁ランナーではなく
3塁ランナーに置き換えてください」
と審判にアピールします。

すると3塁ランナーは
タッチアップをできていないので
アウトが認められ得点が入らずに
3アウトを取ることができるのです。
3アウトをとってしまうと
その後でアウトの取り消しができないと
思ってしまいがちですが
実はこのようにアウトは置き換える
ことができるのです。

これはプロ野球選手でも
知らない人がいたり
実際に最近の甲子園でも
起きたプレーなので
知っておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です