守備練習ステップ3


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回、前々回と
守備の基本練習を
2ステップお伝えしていきました。

 

今回はその最後のステップを
お話ししていきます。

 

3ステップ目を
お伝えする前に
ここまでのおさらい
していきます。

 

まず守備は足を使って
打球に自分から入っていくことが
大切です。

そのための練習として
ステップ1では
止まっているボールに対して
足を使って捕球姿勢
とっていく練習をしていきました。

 

このステップ1が
もっとも重要な練習です。

 

なぜならば
止まっているボールに
対して正しい入り方が
できなければ
動いているボールに正しく
入っていくことができないからです。

 

毎日反復してできるようになってから
次のステップに進みましょう!

 

そしてステップ2では
ゆっくり転がしたボールに
対して同じように足を使って
捕球姿勢をとっていく練習
行なっていきました。

 

ステップ1との違いは
ボールが動いていること
動いているボールのスピードに
合わせてステップを踏んで
いくことがポイントです。

 

これで速い打球でも
遅い打球でも対応できるように
していきましょう。

 

そして最後が
ステップ3です。

 

ステップ3は
基本的にはステップ2
と変わりません。

 

ただし
転がすボールに
バウンドをつけていきましょう。


バウンドをつけることによって
難易度は上がっていきます。

 

それは
バウンドがなければ
打球との距離感だけを計算して
ステップを踏んで捕球体勢を
取ればよかったのですが

 

バウンドがあることによって
捕りやすい位置
捕りにくい位置が
変化していくからです。

 

例えば
ボールがバウンドして
浮き上がってくる
ハーフバウンドでは
打球は捕りづらいですよね?

 

逆にバウンドが
上がりきったところや
ショートバウンドは
打球の軌道が予測しやすいので
簡単に捕球することができます。

 

今回の練習では
なるべくショートバウンドで
捕球ができるように
練習をしていきましょう。

 

ショートバウンドかというろ
それが一番捕りやすいからです。
理由は大きく3つ

 

まず1つ目
ショートバウンドは
ボールが地面にバウンドした直後です。

 

そのため
この先どのような軌道でバウンドするかに関係なく
バウンドしてすぐは同じ空間をボールが
通過していきます。

 

つまりその空間にグローブを
持ってくれば
簡単に捕球をすることができるからです。

 

次に2つ目
バウンドした直後は
ボールにも勢いがあります。

 

その勢いによって
グローブにも打球が
勢いよく入ってくれるため
ボールが収まりやすくなります。

 

最後に3つ目の理由は
グローブを常に下からだす
イメージのためです。

 

一番バウンドが高いところも
捕球はしやすいのですが
それでは全体的に姿勢も
高くなってしまいグローブも
下から上ではなく
上から下に出やすくなってしまいます。

 

またそれだけでなく
実戦では高いバウンドよりも
低いバウンドの方が多いからです。

 

軟式ボールであれば
高く弾むことは多いかも
しれませんが
硬式ボールではあまり弾まないため
低い打球が多くなります。

 

そのため
今は軟式ボールで練習をしている選手も
先を見据えてショートバウンドで合わせる練習を
しておくと硬式ボールに変わった時
簡単に対応できるはずです。

 

ステップ3は
ショートバウンドに合わせること以外は
ステップ2の練習とほとんど変わりません。

 

こちらも何回も練習をして
無意識でも体が動くように
反復していきましょう。

 

守備練習ステップ1はこちらから

守備練習ステップ2はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です