動画を見て真似ができますか?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

上達をしていくためには様々な動きを覚えていかなければいけません。どのように動きを覚えていくかというと、上手い選手や指導者の動きを真似ることになります。この時に見たまますぐに真似をすることが出来て、さらには良い手本になる選手や指導者とめぐり合うことができれば、上達していく可能性が高いでしょう。

しかし「真似」することは、それが単純な動作であっても、運動能力がまだ発達しきっていない子供達には、難しいのです。試しに様々な動作を選手たちに見せて、とくに説明せずに真似てもらいましょう。



何人の選手が、自分の体を操り、見たまま正確に真似をすることができるでしょうか?
当然簡単な動きであれば真似することは簡単ですが、複雑な動きになってくると真似をすることは難しいでしょう。

ここで考えていただきたいことは、バッティングやピッチングさらには守備の動きは真似のしやすい簡単な動きでしょうか?それとも複雑な動きでしょうか?
、、、
おそらくほとんどの方が複雑な動きだと感じていると思います。
ということは、バッティングやピッチングの動作を真似することは、そう簡単なことでないと言えることです。もし最初におこなったチェックのように簡単な動きすら、真似することが難しいのであれば、フォームを真似することはなおさらでしょう。

このような前提で考えるとき、選手たちに、正しいフォームを身につけさせる目的のバッティング練習やピッチング練習をさせ過ぎてはいないかとの疑問をもつのです。もちろんこれも大切な練習ではありますが、その前に選手それぞれが自分の体を自由自在に操れるようなトレーニングをして、正しいフォームを身につけるための土台を作ることが大切なのではないでしょうか?

先ほど試していただいた動き以外にも、ぜひ様々な動きを選手たちに行ってもらい、習得できたら、さらに難しいものにも挑戦してもらう。それを繰り返していくことで選手たちの運動神経は成長していき、体も変化していくことでしょう。

初めは体操のような簡単な動きからで構いません。ただし気をつけなければいけないことは
正確に真似をさせることで
・腕を伸ばす
・足を伸ばす
といった細かいところまで目を向けて、真似をさせることができれば、選手たちも細部までお手本を観察するようになっていくでしょう。それが将来につながってくると私は信じています。

↓そのほかのトレーニングを紹介

あなたの野球能力は全国何位?

◯個人のレベルアップに
身長や体重、球速やスイングスピード
さらにはプレー動画のリンクなどの選手情報を登録することで全国の平均値とあなたの能力を比較することができ長所や短所を知ることができます

◯チームで活用
チームで登録すればチーム内順位も表示することが可能
チーム内競争を高めるためにご活用してください

◯システムは無料
今すぐ登録をしてあなたの実力を野球界にアピールしよう!