小学校低学年1,3塁でのプレーについて

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

ここ数日小学生の試合を見る機会がありました。
その試合は小学校高学年の試合ではなく、3~4年生ぐらいの選手の試合です。
その試合を見ながら、とても気になるプレーがありました。

その一つが盗塁です。経験があると思いますが、小学生の特に低学年の頃は、1塁にランナーが出ればほとんどフリーパスのように2塁へ盗塁をされてしまい、時には3塁にも盗塁をされてしまうでしょう。その原因としては、クイックの難しさの問題とともに、小学生の場合はキャッチャーの2塁送球が上手くいかないことが原因と言えるでしょう。

したがって盗塁を許すこと自体は特に気にすることでなく、この学年では仕方がないことだと思います。しかし問題を感じるのはピッチャーです。どの投手もランナーがいなければ気持ちよく良い球を投げていますが、1人でもランナーを塁に出してしまうと、点を取られたくないため、ランナーを必要以上に気にしてしまいます。

その結果、中途半端なクイックや乱れたフォームでボールを投げてしまうため、かえって盗塁を許してしまうだけではなく、コントロールが安定せず次のバッターにも出塁を許してしまい、結果的に大量失点になってしまうケースが目立ちました。指導者も分かっているので、「バッターに集中」という言葉をかけていますが、投手の気持ちの切り替えは難しいようです。

もう1つ気になった点としては、1,3塁のケースです。何試合か観る間に、このケースはたくさんありましたが、私が観戦しているときはほぼ100%、1塁ランナーは盗塁をしました。
しかも走るタイミングは必ずピッチャーがセットに入っている間で、投球に入る前でした。
通常であれば、この場合はセットを外して3塁ランナーを警戒しつつ、1塁ランナーを挟んでアウトにしたいところですが、小学生ではそれが難しいということで、どのチームもスタートを切る1塁ランナーを無視して、走らせてから投球を行っています。

結果的に1,3塁となって時点で、なかば自動的に2,3塁になってしまうのですが、ここには矛盾を感じてしまいました。なぜなら、ランナー1塁の場面であれだけ気にしていた1塁ランナーの盗塁を、1,3塁の場面では全く気にしていないからです。

おそらく、1,3塁のケースでは1塁ランナーよりも3塁ランナーを返さないことが重要だとの考えがあると思います。しかし私はこの場合は3塁ランナーの生還を許したとしても、1塁ランナーをアウトにするべきだと思います。

その理由を説明します。1つは小学生の低学年にとって、1点はそれほど価値がないということです。野球を始めたばかりの選手ですし、エラーやフォアボールはつきものです。
ミスのない試合など見たことがありません。0-1のような接戦はなかなかできるものではありません。つまり点は多く入るものなので、大切なことは目の前の1点を守ることではなく
大量失点を防ぐことなのです。

たとえ3塁ランナーが得点したとしても、1塁ランナーをアウトにすることができればアウトが1つ増えて、さらにランナーがいなくなるのです。結果的にピッチャーは気持ちよくピッチングをすることができるため、大量失点を防ぐことができるでしょう。逆に簡単に走られて、2,3塁となり、前進守備したことでヒットゾーンが広がり、大量失点になるのが悪い流れです。

2つ目の理由は、1塁ランナーをアウトにするのは、練習をすればキャッチャーが盗塁を刺すよりも簡単だからです。キャッチャーが盗塁を刺すのが難しいのは、2塁送球が安定しないためです。それはホームから2塁までの距離があるからです。1,3塁のケースの場合、ピッチャーがボールを持っているときランナーは走ったら、ピッチャーはすぐにプレートを外して1塁ランナーを追いかければ、キャッチャーが盗塁を刺すよりも簡単なはずです。

もちろんランナーが挟まれれば挟殺プレーになるため、少し難易度は上がりますが、ランナーもそこまでレベルが高いわけではないので、練習をすればアウトにすることはできるでしょう。

3つ目の理由は、小学生だからといって、ピッチャーがボールを持っているのに盗塁をするようなプレーを覚えさせてはいけないということです。指示とはいえ、ピッチャーがボールを持っているのに、ランナーがスタートを切るのは、高度なトリックプレーを除けばありえない暴走と言えるでしょう。

レベルが上がってくればまったく通用しなくなってくるので、1,3塁であってもランナーは
ピッチャーの投球に合わせてスタートを切ってもらいたいと思います。

キャッチャーが2塁送球をしてきても、3塁ランナーがいるので、結果的に1点が入る確率は高くなるはずです。(おそらく3塁ランナーを警戒して投げないとは思いますが)

色々と意見を述べてきましたが、私は少年野球チームの指導を経験したことがないので、実際には色々と難しい点があるのかもしれません。
しかしそれでも全体的に言えることは、状況によっては与えても良い1点があることを小学生にも理解してほしいです。

それは指導者のいうように「バッターに集中」ということです。もっと丁寧に選手に伝えるのであれば「1点は取られても良いから次のバッターに集中しなさい」ということです。
たとえば5点差もあるときに、1,3塁の場面で1点を与えないために1塁ランナーの暴走を見逃す必要はありません。1点取られたとしても、確実にアウトをとってしまえば、苦しいのは相手でしょう。

小学生であってもぜひ状況に応じて、最適なプレーに挑戦をすることを実践していただきたいと思います。

ps1点を守らなければいけない試合状況もありますので、それはどういうときで、1塁ランナーからアウトとるべきはどんなときか、理解しながら守備の練習を行いましょう。

あなたの野球能力は全国何位?

◯個人のレベルアップに
身長や体重、球速やスイングスピード
さらにはプレー動画のリンクなどの選手情報を登録することで全国の平均値とあなたの能力を比較することができ長所や短所を知ることができます

◯チームで活用
チームで登録すればチーム内順位も表示することが可能
チーム内競争を高めるためにご活用してください

◯システムは無料
今すぐ登録をしてあなたの実力を野球界にアピールしよう!