燃え尽き症候群の予備軍になってはいませんか?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは燃え尽き症候群
という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?

燃え尽き症候群とは
一定の生き方や関心に対して
献身的に努力した結果思うような結果が
出ないことによる徒労感や欲求不満
または目標を達成した後に訪れる
虚脱感などのことをさします。

スポーツの世界では
大きな大会に望んだあと
例えばオリンピック後に達成感により
目標を見失ってしまったり
野球であれば甲子園を優勝して
満足し野球への関心を無くしてしまったり
ということが当てはまります。

実際に私も大学生の頃
チームの雰囲気が燃え尽き症候群に
陥っていると感じることがありました。
それは大学1年生の頃です。

私が法政大学に入学した当時
なんと投手陣には150kmを
超える速球を投げる投手が4名おり
さらにそれとは別にのちに
プロ野球選手となった投手が
2名いました。

さらに打撃陣も日本代表クラスの
バッターが数名並んでおり
圧倒的な打力と投手力で
春の東京六大学リーグを
10勝1敗制しました。

そしてその後に行われた
全日本大学野球選手権でも
連勝を続け法政大学としては
通算8度目で全国最多の優勝記録を
更新することになりました。

私は入学から間も無く
日本一の実感が湧かなかったのですが
その中でもやはりチームとして
六大学優勝そして日本一を
目指していたことは理解していたので
特に3,4年生の達成感や充実感は
一年生のも伝わってきました。

その後優勝パレードや祝賀会などが
行われたのですが
2ヶ月もすれば次は秋季リーグが始まる
ため通常の練習やオープン戦が
すぐに再開されました。

しかし、いざ練習が再開されると
春先に見た緊張感や鬼気迫るチームの
雰囲気は影を潜めてしまいました。

もちろんチームとしては
春秋のリーグ連覇を目指してはいましたが
なかなかチームとして浮き足立った雰囲気を
変えることができず
秋季リーグは優勝争いはしたものの
リーグ3位という結果に終わってしまいました。

今思えばこの時に起こったのがまさに
燃え尽き症候群であったのではないでしょうか?

日本一という最大の目標を達成してしまったことで
目標を失いその虚脱感から練習に身が入らず
試合でも結果が出せないまま
終わってしまったように思います。

こうした燃え尽き症候群は
高校野球や大学野球という
大きな舞台だけだと思ってはいませんか?
実はこうした燃え尽き症候群は
小学生や中学生でも起こりうることなのです。

その危険性について
次回はお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です