打撃 ステップで体幹が抜けてしまう選手へ

こんにちは
BASEBALL FUTUREの依田徹平です。

バッティングのレッスンを行う中で力強いバッティングをするために「正しいステップを行えているか」という点をチェックポイントの1つに挙げています。ステップはピッチャーのタイミングに合わせて前の足を上げてテイクバックをとりそこから前の足を踏み込んでいく動作です。

この時に良く起こってしまうのが「体幹の抜け」です。

体幹が抜ける動作は上記画像のNG例のようにステップをする動作の途中で上半身が開き始め、ステップの力を充分に上半身に伝える前に前に打ちにいってしまう動作です。

このNG動作によって飛距離が下がるだけでなくミート率も下がってしまう可能性があるのでいち早く改善をしていく必要があるでしょう。

 

改善策

ここからいくつか改善策を紹介します

改善策①体幹を入れる感覚をつかむ

体幹が抜けないようにするためにはまず体幹を入れる感覚を覚えることが重要です。
仰向けで寝た状態から、両手両足を上に向かって伸ばしていきます。

この時、ただ両手両足を伸ばすのではなく体幹の力を使って伸ばしていくことがポイントになります。
みぞおち付近とベルト上付近を近づけるイメージでやや背中を丸めてお腹の力を使って手足を上げていきましょう。
NG例のように体幹を使わずに手足を上げても負荷がかからないので注意しましょう。

改善策②腰を支えてもらい押し返す

①の体幹を入れる感覚を入れつつ、ステップの形を作りパートナーに前の腰を押さえてもらいます。そのパートナーの手を押し返すように軸足を使ってステップを行いましょう。

この時、軸足側の使い方のポイントは膝を前に出さず、内側にも入れずお尻の力を引き出して地面を押していくことです。股関節の屈曲や股関節に乗るといった感覚を掴めるとそれだけ強く相手の手を押し返すことができるので試してみましょう。NG例のように上半身から倒れていかないようにチェックしましょう。

改善策③ステップの反復練習

実際にボールを打ったりスイングをしたりするとまだ体幹が抜けたステップをしてしまう可能性が高いです。なので無意識下でも正しいステップが踏めるように①と②のポイントを押さえてステップのみを反復練習しましょう。

体幹をしっかりと入れたまま、軸足の力で地面を押し、上半身が突っ込んでいないかを確認しながら行いましょう。この練習を繰り返すことで下半身の強化にもつながっていくので反復して行うことをお勧めします。

以上が正しいステップを覚えるための練習です。ぜひバッティング前にチームで試してみてください!

動画でもご紹介↓

あなたの野球能力は全国何位?

◯個人のレベルアップに
身長や体重、球速やスイングスピード
さらにはプレー動画のリンクなどの選手情報を登録することで全国の平均値とあなたの能力を比較することができ長所や短所を知ることができます

◯チームで活用
チームで登録すればチーム内順位も表示することが可能
チーム内競争を高めるためにご活用してください

◯システムは無料
今すぐ登録をしてあなたの実力を野球界にアピールしよう!