小学生・やらなければ必ず後悔する練習とは?(練習動画付き)


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球はスポーツの中でも
特に高い技術が求められる
スポーツです。
それは
守備、走塁、バッティング
ピッチングの全てで同じことが
言えますが面倒なことに
その全てがそれぞれ違った
技術を必要としています。

そのため
バッティングが良いからといって
守備が良いとは限らず
守備が良いからといってバッティングが
良いとは限らないのです。

こうしたバラバラの技術を
習得していくには必ず
備わっていなければいけない
ことがあります。

それは基本的な運動神経です。
まずは技術を習得する前に
この運動神経を高め
自分の体を思うように動かせる
という状態を作り上げておかなければ
いくら技術練習を行っても
技術が身につくことはありません。

もちろん練習をする中で
徐々にそうした能力が
ついてくることはありますが
それだけでは偏りが出てきてしまう
だけではなく
また、効率的な練習とはなりません。

効率を練習量でカバーする
という考え方もあるかもしれませんが
これには危険性があります。

それは効率的に運動神経を
高めるトレーニングを怠ってしまうことで
運動神経を効率的にあげられる年齢を
すぎてしまうということです。

これはどういうことかというと
一般的にはあまり知られていない
かもしれませんが
運動神経をあげられる時期というのが
決まってしまっているということです。

その時期をすぎてしまうと
いくら運動神経をあげる
トレーニングをしても効果が薄く
なかなか運動神経は上がりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です