自己分析をしたことがありますか?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

プロ野球は終盤に差し掛かり、両リーグともに順位が決まってきました。
セ・リーグは広島カープが球団初の3連覇と圧倒的な強さをみせ、パ・リーグは西武が圧倒的な打力で、10年ぶりの優勝を決めました。
リーグ優勝が決まると次はクライマックスシリーズ、そして日本シリーズと続いていきます。

終盤に入っていくると、各チームともに順位という形で評価がされていきます。
特に下位に沈んでしまったチームは、なぜ下位になってしまったのか?
上位のチームとは何が違ったのか?
来年優勝するためにはどうすればいいのか?
といったチーム分析が行われていくことでしょう。

その分析によっては、これからのドラフトの戦略やFAやトレードなどの行方を左右することとなってきます。このように、レベルアップをしていくプロセスには、まず評価があり、次に分析を行い、最後に改善に向けた行動を起こしていきます。

こうしたサイクルを繰り返していくことでチームは強くなっていくことができ、そのプロセスが上手くはまったチームが来季の優勝争いを演じてくれることでしょう。

このプロセスは個人にも適用することができるのです。
評価→分析→行動
の3つを個人に当てはめてみましょう。

まず評価。
これは個人に当てはめるとチーム内での自分のポジションです。
ベンチに入っているか?レギュラーなのか?守りたいポジションを守れているのか?
さらには打ちたい打順を打てているのか?
これらが全てチームの中でのあなたの評価に当たります。

おそらく強いチームであればあるほど、レギュラーとして出場をし打ちたい打順を打ち、守りたいポジションを守っているという選手は少ないのではないでしょうか?
それは自分の理想と周りとの評価の間にギャップがあるからです。

こうしたギャップの元であるチーム内の評価をまずは受け入れましょう。

評価を知ることができたら、次に分析です。
ここでは自分のことを分析する自己分析を行います。
なぜベンチに入れていないのか?なぜレギュラーになれていないのか?
なぜ打順が低いのか?なぜ守りたいポジションを守れていないのか?

これらを自分が監督になったつもりで、考えて分析してみましょう。
そうすると今まで見えていなかった自分が、客観的に見えてくるはずです。

最後に行動です。
・打力不足
・飛距離が足りない
・走力が弱い
・守備力が低い
・肩が弱い
このように浮かび上がってきた自分自身の弱点を克服するように行動することで、個人としてのレベルアップを図ることができます。
おそらくほとんどの人がチームの練習に参加している時点で、評価までは知ることができているはずです。

しかし自己分析というと、なかなかじっくりとはできていないのではないでしょうか?もし今あなたが思うようなポジションや打順につくことができていないのであれば、ぜひ一度この自己分析を行なってみてはいかがでしょうか?

PS.小学生やまだ始めたばかりの選手で、自己分析が難しいという選手は、保護者の方たちにも手伝ってもらい、自己分析を行なってみましょう。



あなたの野球能力は全国何位?

◯個人のレベルアップに
身長や体重、球速やスイングスピード
さらにはプレー動画のリンクなどの選手情報を登録することで全国の平均値とあなたの能力を比較することができ長所や短所を知ることができます

◯チームで活用
チームで登録すればチーム内順位も表示することが可能
チーム内競争を高めるためにご活用してください

◯システムは無料
今すぐ登録をしてあなたの実力を野球界にアピールしよう!