2019ドラフト指名選手のフォームの気になるポイント〜投手編①〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先月2019年のプロ野球ドラフト会議が
行われ100名近い選手が指名を受け
新たにプロ野球選手としてスタートをきります。

高校生から大学生さらには社会人と
幅広いカテゴリーからの指名となりましたが
プロで活躍する以上は年齢は関係なく
高卒でも社会人でも野球の成績だけが
生き残る上で重要となってきます。

大学生や社会人に比べて高卒の選手の方が
伸び代を期待されて指名をされており
育成の期間があると考えられています。
逆に大学生や社会人から入団した選手は
即戦力として一年目から活躍が期待されます。

しかしながら近年は
高卒であっても2〜3年で戦力外通告を
受けてしまうケースもあり
よほど期待をかけられていない限り
高卒であろうと社会人であろうと
早々にプロに対応して行くことが
必要であると言えるでしょう。

そこで今回は指名された選手の中で
気になった選手のフォームについて
お伝えしていきたいと思います。

まずは投手から

ヤクルト1位指名
奥川投手

奥川投手については
ドラフト前に一度
投球フォームについて気になる点を
お伝えさせていただきましたので
こちらをご覧ください。
→ http://baseball-future.com/2019/08/30/blog-8-30-2/

広島1位指名
森下投手

森下投手は
東京六大学野球の
明治大学のエースとして
また大学人本代表のエースとして
名実ともに大学球界NO.1の
ピッチャーといっていいでしょう。
その特徴は抜群のコントロールと
150kmを超える伸びのあるストレートです。

細身の体からは想像のつかないボールを
体のしなりによって生み出しており
フォーム的にも全体的にバランスが取れています。

しかし一つ気になる点は
骨盤の後傾です。
足を上げてから前に踏み出していく
フェーズにおいて骨盤がやや後傾し
体が一塁側に傾いてしまっています。

これにより骨盤の回転が早くなり
体の開きも早くなってしまいます。
こうなってしまうと打者にボールが
見えやすくなってしまうばかりか
リリースポイントも手前になってしまうため
いくら球速が速くてもプロの一流バッターには
簡単に打ち返されてしまう可能性があります。

もちろん最初のうちはデータがないため
ある程度の活躍をするとは思いますが
そこから広島のエースとなるには
この骨盤の使い方が重要となってくるでしょう。

プロ野球の一流投手である
ダルビッシュ投手や千賀投手も
高校時代はこの骨盤の後傾が目立ちましたが
現在は修正されています。

次回はオリックスに指名された
宮城投手について

 

あたなのフォームもチェックしてみませんか↓
ピッチング強化レッスン

水曜日 依田徹平先生の「野球ピッチングトレーニング+動作解析」

“2019ドラフト指名選手のフォームの気になるポイント〜投手編①〜” への3件の返信

  1. こんばんは 以前コメントさせて頂いた者です、いつも楽しく拝見させて頂いております。
    含蓄のある内容に感謝です。
    さて質問ですが 奥川投手の事で質問ですが かなりの評価の様なんですが すぐにプロ野球で活躍出来るんでしょうか?
    他の記事で拝見したのですが 回転数は既にプロの投手並との事ですが2100〜2200の間みたいですが
    昨年のドラ一の吉田投手と比べれば少し落ちる様な気がします
    もちろん投手は回転数だけでは無いのは理解しております
    しかし私の見てる限り1年目から即戦力で投げれるとは?思えないのですが 奥川投手が素晴らしい投手になり得るのは分かりますが余りに持ち上げ過ぎるのは本人の為にもならん(私が言うべき事では無いですが)(笑)
    プログ主様はどの様にお考えか教えて戴けると幸いです。
    骨盤の指導の部分は私も同じ考えで選手と話しをする時に 少しつま先寄りに体重を掛ける様に良く話をしていました。
    お忙しいでしょうが宜しくお願い致します。

    1. コメントいただきありがとうございます。
      返信が遅くなり申し訳ございません。

      奥川投手ですが確かに素晴らしい素材であることは
      間違いありません。ですがおっしゃる通り必ず1年目から活躍できるとは
      限りません。しかし研究される前の数試合であればある程度活躍ができると
      考えています。

      その理由はコントロールが優れていること
      やはりプロでも150kmの速球と良い変化球があれば
      打ち損じをします。またコントロールが良いとなると
      自滅も考えにくいでしょう。もちろんプロ野球のストライクゾーンは
      高校生に比べるとかなり狭くなるので苦労はすると思いますが、、、

      ただし数試合行なっていく中でバッターも慣れてきます。
      逆に高卒新人投手は夏頃に疲れが出てくるので
      そうなった時にどのようなボールが投げられるかがポイントと
      なるのではないでしょうか?

      また体も完全には出来上がっていないので個人的には
      長いイニングは投げさせずに行って欲しいと思いますが
      ヤクルトの投手事情を考えるとそれも難しいかもしれません。
      その辺りは投手出身の高津新監督にかかっていると思います。

  2. 追伸 変化球やコントロールが奥川投手の方がまとまっているのでその分で評価が高いのでしょうか?
    スカウトさんには何人かお会いしたのですが その辺は聞かして貰えず余りに評価が高いので
    少し疑問に思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です