野球「詰まる」とは?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球において
詰まるという言葉を
あなたも聞いたことがあると思います。

主にバッティングで使われる言葉で
バットの芯よりもグリップ側で打球を
打った時に言われます。

バッティングでヒットを打つ確率を
あげるには基本的には芯で打つことが
求められるのでこの詰まるという
言葉は悪い意味で使われることが
多いです。

ではバッティングにおいて
詰まってしまう原因は
どこにあるのでしょうか?

①タイミング
まず圧倒的に詰まる原因と
なりやすいのはタイミングが取れていない
ということです。

タイミングを早めにとってしまうと
空振りやバットの先端に当たってしまいますが
逆にタイミングが遅れてしまうと
バットのヘッドが出てくるのも遅れ
詰まりやすくなってしまいます。

そのため速球派のピッチャーを
相手にする時はこの詰まりを
起こさないように早めにタイミングを
取る必要があります。

しかし、そうした早めのタイミングが
バッテリーにバレてしまうと
チェンジアップなどの緩急を
使われてしまい逆に空振りを
取られてしまうのでどちらのボールを
打っていくのか狙い球を絞っておくことが
重要でしょう。

②スイング軌道
次に重要なのがスイング軌道です。
バットを詰まらせずに芯に当てるには
タイミングよくヘッドを出していくことが
大切ですが、タイミング良くヘッドを
出していってもドアスイングのように
外側からバットが回ってきてしまうと
ボールに対してヘッドも遠回りしてしまうため
芯にボールが当たる前にバットの根元に
当たってしまい詰まった打球になってしまいます。

効率よくボールを芯に当てるためにも
インサイドアウトのスイングを
身につけることが詰まりを抑えることにも
繋がります。

③開きが早い
スイング軌道にも影響してきますが
体の開きが早くなると
体にバットを引きつける
動作がしづらくなり
体の開きに対してバットが遅れてしまいます。

こうした体の開きの多くは骨盤の
後傾から生まれていますが
これによりインコースのボールへの
対応も遅れてしまうので
注意しましょう。

④スイングスピード
スイングスピードがバッティングの
全てではなくスピードが遅くても
飛距離を出すことはできますが
やはりある程度のスピードがなければ
打球は詰まってしまいます。

例を上げると
タイミングでも話した通り
良いピッチャーであればあるほど
球種を絞っておく必要があります。
しかしその予想が外れてしまった時
2ストライクに追い込まれていれば
狙い球でなくても対応していく
必要があります。

変化球を張っていて
直球がきた場合反応が遅れてしまうと
詰まらされてしまいますが
スイングスピードが早ければ
対応することが可能です。

対策
詰まりを減らしていくことが
打率を上げることに繋がります。
そのために
タイミングを合わせることと
インサイドアウトを身につけること
そして開きを抑えてスイングスピードを
高めることが重要です。

練習方法としてオススメなのは
通常のティーとスタンドティーです。

通常のティーバッティングでは
タイミングを重視します。
ポイントはトスを上げる相手がバッターに
合わせるのではなく
バッターがトスに合わせることです。

トスを上げる相手が
手を後ろに引くのに合わせて
足をあげてタイミングよくスイングを
していきます。

逆にバッターが打ちやすいように
タイミングを合わせてトスをあげてしまうと
実践的な練習にならないので
注意しましょう。

スタンドティーでは
スイング軌道や体の開きを
意識しましょう。
通常のバッティング練習の場合
タイミングを合わせたり
打つことに必死でスイング軌道や
体の開きを意識することは難しいですが
スタンドティーの場合タイミングは自分次第
なのでスイング軌道の修正がとても
しやすくなっています。

あなたも詰まりを抑えて
打率をあげていきましょう。

PS.
詰まりは悪いこととして
言われますが必ずしも
悪いこととは言い切れません。
何故ならばバッティングは芯に当てる
ことが目的ではなくヒットを打つことが
目的だからです。

例えば芯でとらえて
アウトになるよりも
詰まってでもヒットになる方が
結果としては良いからです。
詰まってもヒットを打つには
どうしたら良いのかを考えられると
また一つ選手としてのレベルを
あげられると思います。

どうしても詰まってしまうという選手は
一度体験レッスンをしてみませんか↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です