野球 抑えの投手の役割とは?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は中継ぎの役割や
特徴についてお伝えしていきました。

中継ぎは
1、第2先発の役割
2、投げれを変える役割
3、ワンポイントリリーフ
の3つの役割がありそれぞれの
特徴がありました。

今回は抑え投手の特徴や
役割についてお伝えしていきます。

抑え投手はクローザーと呼ばれ
プロ野球の世界では
勝っている9回に登板し
試合を締めくくります。

特徴としては
・制球力
・空振りを取れる速球
・絶対的な変化球

これらを持っていると
抑えとしての素質があるでしょう。
ポイントは先発のように長いイニングを
投げるスタミナがいらないということです。

実際短いイニングであれば
速球が10km近く平均で上がるような
投手がプロの世界でもクローザーに
転向することが多くあります。

しかし実際に小学生から
高校野球や大学野球の場合
クローザーという役割そのものが
浸透していない為
このような素質を持った選手は
先発として使われることが多いと思います。

ですがもし
レベルの高い投手を
3枚揃えることができており
連戦の大会を勝ち抜く必要がある場合
チームとしてクローザーを作る
というのはかなり有効だと思います。

例えば
1試合目の先発が6〜7イニングを投げ
その後クローザーが2〜3イニングを抑える
そして2試合目を2人目の先発が同じく
6〜7イニングを投げ
その後クローザーが2〜3イニングを抑える

このように投手を回すことができると
戦力を大きく落とすことなく
大会を戦うことができます。

この場合
3枚の投手のレベルを上から順に
A→B→Cとすると
1試合目の先発をBの投手
2試合目の先発をCの投手
そしてクローザーをAの投手
とすることが最も有効な
投手の起用法だと思います。

なぜならばこうすることで
全ての試合で一番良い投手を起用することが
できるからです。

こうした起用法は
大学などの勝ち点制の
リーグ戦ではよく使われている
戦い方ですが
これから高校野球界も継投の流れが
進んでいけば過密日程のトーナメントを
勝ち上がっていくためには
現在の1人のエースが投げ抜くスタイルや
2枚看板やダブルエース
といったスタイルではなく
3枚の投手を用意しこのような投手の
起用法を採用してくるチームが
増えてくることでしょう。

またこうした投手の分業制が高校野球でも
進んでくると自ずとベンチ入りメンバーに
投手が多くなってきてしまいます。
そうすると現状のベンチ入りメンバー20人
もしくは18人のルールを改定し最低でも
25人のベンチ入りを認めるように
していけると良いのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です