先の塁を狙う姿勢


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

走塁のうまさ≠足の速さ

強いチームに共通することとして
走塁のうまさがあります。
この走塁のうまさは必ずしも
足の速さではありません。

足の速い遅い関係なく
常に先の塁を狙う姿勢を見せているか
どうかが走塁のうまさに直結します。

野球は点を取り合うゲームであり
いかに塁に出塁し先の塁へランナーを進めて
得点に結びつけるかが勝負のカギとなります。
時にはバントのように一つのアウトと引き換えに
ランナーを次の塁へと進めるさせることがあるほど
次の塁へ進むということは重要です。

しかし進塁の方法はそれだけではありません。
例えばシングルヒットの打球でも相手の守備に
少しでもミスがあれば2塁をおとしいれたり
相手のパスボールの間に進塁をすることができます。
ですがそうした少しのミスやチャンスで進塁の
スタートをきれるかどうかは選手の判断力と準備に
かかっています。

そしてこの判断力と準備こそが
走塁のうまさのカギとなるのです。

判断力と準備

まず判断力は
スタートを切ってアウトになるか
セーフになるかを瞬時に判断できる能力です。
・自分の走力
・相手の肩
・打球方向の正確な判断
・ボールと野手との距離感
これらを計算に入れることで
スタートが切りやすくなってきますが
この判断力を磨くにはある程度の
経験が必要となるでしょう。

どのタイミングであれば
アウトになるのか?
どの場面であれば
セーフになるのか?
これらは走ってみて経験しなければ
分からないところもあります。

その為
試合に出ており
出塁する確率の高い選手が
走塁が上手いことが多く
逆に試合経験が浅い選手ほど
こうした判断能力が低くなっています。

試合経験が少ないという選手は
自分が出ていない時も
自分であればこうする
というイメージを持って試合を
見ることができると
いざ自分が試合に出て塁に
出た時に役にたつことでしょう。

そして次に大切なのが
準備です。
この準備は予測とも関係があります。

例えば
シングルヒットを打った後
外野手がファンブルする可能性がある
と予測ができていると
進塁の準備としてスピードを落とさずに
オーバーランを大きくとり
実際にファンブルをした瞬間に
スタートを切ることができます。

この他にも
投手が投げる一球一球に対して
パスボールやワイルドピッチがあるかもしれない
という予測を建てて第2リードを取ることが
できているとスタートを切る準備は完璧となり
進塁の可能性が高くなるでしょう。

逆にこの予測と準備ができていない場合
相手のミスをみてから慌ててスタートを切るため
オーバーランや第二リードも小さく
さらには咄嗟の出来事でスタートも遅れてしまう為
進塁を試みてもアウトになってしまったり
そもそもスタートをきれなかったり
してしまうのです。

予測と準備が生んだ好走塁

先日甲子園をみていると
このようなプレーが起きました。
0アウトランナー1塁の場面で
サインはバント。

ここでバッターがキャッチャーのバックネット裏に
ファールフライをあげてしまいます。
これをキャッチャーがダイビングキャッチで
捕球しファインプレーとなりました。
このままでは攻撃側はバントミスとなり
進塁ができません。

しかし、1ランナーは
キャッチャーがファールフライを捕った瞬間に
2塁へとタッチアップを行ったのです。
キャッチャーも起き上がりすぐに
2塁へ送球を行いましたが結果は
セーフでランナー2塁となり
バントが成功したのと同じ状況となりました。

こうした好走塁をすることができたのも
予測と準備と判断力が働いています。
まずキャッチャーフライが上がった瞬間に
タッチアップできるかもしれないと
予測しベースに戻ってタッチアップの
準備を行います。

そしてキャッチャーがバックネット方向に
ダイビングキャッチをしたことで
体勢が悪くなったと判断し思い切って
スタートを切りました。

結果的にこのランナーは
ホームまで帰ってきて貴重な追加点となり
勝負を決めてしまいました。

このようにどんな状況にあっても
予測を建てて準備を行いスタートの判断を
することが走塁技術の向上へと繋がります。

チームの中でも
一人や二人走塁が上手いという選手が
いると思いますがチームとして勝つには
控え選手も含めて全選手がそれを徹底する
必要があります。

夏場は暑くて走塁練習はしづらい
かもしれませんが
冬場や秋口に一度徹底的に
あらゆる場面を想定した
走塁練習を実施するのも良いかもしれません。

マンツーマンレッスン行っています↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です