自分に言い訳をさせないことが自信を生む

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

自信はプレーに大きく影響する

野球のプレーにおいて、技術や体力以外に重要なことがあるとすれば、精神力です。
どのような精神状態で、どれだけ自分のプレーに自信を持って試合に臨めるかによって、パフォーマンスに大きな影響が現れます。

プロ野球の試合をみていても、自信を持ってマウンドや打席に立つ選手は、堂々とプレーをしており、良い結果を残します。
逆に、自信のなさそうな表情をしている選手は、結果を残すことができていないように思えます。

自信を持つためには、どうすれば良いのでしょうか?

重要になってくるのが、言い訳をできなくするまでの、努力です。

言い訳をなくす

例えば、投手であれば、マウンドに上がって、自信がない時というのは、

「ストライクが入らなかったらどうしよう」
「打たれたらどうしよう」
「自分のせいで負けたらどうしよう」

このように考えてしまうことでしょう。

しかし普段の練習から、調子が悪くても最低限ストライクゾーンへ投げる、打たれないための球速アップや変化球の練習をする、さらには配球の研究をする。
チーム内の他の誰にも負けない練習を積んでいると実感できていたらどうでしょうか?
おそらくマウンドに立って相手と早く対戦したい、という思いが沸きだし、自信を持って試合に臨むことが出来るでしょう。

言い訳をなくすという作業は、テスト勉強に似ているかもしれません。
与えられたテスト範囲全てを完璧に勉強し尽くして、万全の準備をしていれば、テスト前から余裕を持って臨むことができます。
逆に勉強を怠っていると、不安が残り、自信を持ってテストに臨めず、

「勉強する時間がなかった」

と言い訳をしてしまうでしょう。

野球も同じで、準備や練習を怠っていると、心の中で自分に言い訳をしてしまいます。

「コンディションが悪かった」

このような言い訳が出ているうちは、まだまだ自信を持ったプレーをすることはできません。
少しでも不安に思うことがあれば、その不安を練習で解消しておき、コンディションを万全に整えて試合当日に挑むことです。
結局これが、自信を持ってプレーできる唯一の方法です。

「自信を持っている」、と口にしていた選手が、強い対戦相手を前にすると、その自信はすっかりしぼみ、プレッシャーのかかる大事な試合でミスを連発、となると、試合前の言葉は自信というより強がりだったということでしょう。

すぐに崩れる自信ではなく、自分に言い訳をさせない、根拠のある自信を身につけて、試合では実力の100%を出せるように、頑張って欲しいと思います。


公式LINE友達追加