1死ランナー1・3塁1塁ランナーにエンドランのサインpart2


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回1死ランナー1・3塁で
1塁ランナーにエンドランの
サインがでた場合の
ランナーの判断について
お伝えしていきました。

ライナー性の打球がセカンド方向に
飛んだ場合の1塁ランナーの選択としては
捕球をされ1塁へ戻ったとしても
タイミング的にアウトになってしまうので
抜けることを信じてそのまま走る
というのが正しい判断ということを
お伝えしました。

今回は3塁ランナーが
この時どうすべきかを考ええて
いきましょう。

3塁ランナーは
この場合エンドランではないので
スタートをきる必要がなく
バッターの打球をみてから
行動を起こすことになります。

ここでの選択肢は一見
3つのように感じるかもしれません。
1,ライナーバック
2,ハーフウェイ
3,タッチアップ

まずは基本通りライナーバック
これは自分がアウトにならないためには
当たり前かもしれません。
そして次にハーフウェイ
これは選択としては考えづらい
かもしれません。
最後にタッチアップ
これはそのまま外野に抜けていく
可能性もあるので
タッチアップに備えて
戻るという選択です。

こうして考えると
まずは3塁ベースに
戻るということがセオリーとなりそうです。

あなたもこの3つの
うちのどれかを選択したのでは
ないでしょうか?

もちろんこれも
間違った選択とは
言い切れませんが
実はもう一つの選択肢があるので
それは、、、

セカンド方向へライナー性の打球
が飛んだ瞬間に3塁へ戻らず
ホームへ突っ込むという
選択肢です。

一見暴走のように感じるかもしれません。
しかしこれにはしっかりとした
理由があり
成功すれば3アウトになっても
一点を取ることができる可能性が
あるのです。

野球のルールをよく理解
している人であれば気がついた
かもしれません。

この状況の場合
セカンドがライナーを捕球
した時点で2アウト
そして目の前で飛び出している
1塁ランナーを刺すために
1番近い1塁へボールを投げれば
3アウトを取ることができます。

しかしこの時3塁ランナーが
打球を見てスタートを切っており
1塁ランナーがアウトになる前に
ホームインをしていた場合
どうなるでしょうか?

実は3アウトをとられても
3塁ランナーが1塁ランナーよりも
先にホームインしていれば
この1点は得点として
認められてしまうのです。

野球のルールを知っている人であれば
なぜタッチアップもしていないのに
得点になってしまうのか?
と疑問に感じるかもしれません。

しかしながらよく考えてみてください。

タッチアップをせずにホームに
還ったランナーをアウトに
するためには何が
必要でしょうか?

それは
アピールプレーです。
通常のタッチアップでも
離塁が早ければ
3塁ベースを踏み
タッチアップが早いことを
アピールして初めてアウトが
成立します。
この時アピールをしなければ
ランナーはセーフになってしまいます。

これと同様に
この場面もセカンドが
1塁へ送球し3アウトをとったと
油断をして3塁ランナーのタッチアップを
アピールしなければ得点が
認められてしまうのです。

ルールブックの盲点と呼ばれる
このプレーは実際に甲子園でも
実現したプレーです。

つまりこのケースの場合
3塁ランナーは
1塁ランナーがエンドランで
飛び出しているため
とられてしまえば3アウトは確実です。
そうであれば3塁へ戻っても
意味がありません。
であれば
一か八かでタッチアップせずに
そのままホームへ
突っ込んでしまった方が
良いということになります。

もちろん
これがサードへのライナーの場合
飛び出してしまえば
自分がアウトになってしまうので
戻る必要があるでしょう。

またショートライナーは微妙なところですが
ショートがタイミング的に
1塁へ投げた方が確実だと判断し
1塁へ投げるモーションをした場合は
スタートを切っても問題ないでしょう。

では逆に
こうしたプレーを
守備側が防ぐためには
どうすれば良いのでしょうか?

もしも3塁ランナーの生還に
気づかずに1塁で3アウトを
とってしまいベンチに野手が戻ってしまうと
その時点で得点は認められてしまいます。

しかし、3アウトをとってしまった
後でもフィールドに野手が残っており
3塁ベースでアピールプレーを行えば
3アウト目を3塁ランナーに置き換えることが
できるのです。

その場合はボールを持って
3塁ベースを踏み審判へ
「3つ目のアウトを3塁でお願いします」
とアピールします。
これで第3アウトの置き換えが
成立し得点を防ぐことが
できるのです。

このプレーは最近では
有名になってきているため
やってくるチームもあるでしょう。
まずは自分たちが攻撃側として
実践していき
さらには守備側として防ぐ方法も
知っておきましょう。

セミナー動画です
公式LINE友達追加で
フルバージョンプレゼント中↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です