マシンバッティングの弊害


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたはバッティング練習と言えば
どのような練習を思い浮かべますか?

・素振り
・ティーバッティング
・フリーバッティング
・実践練習

様々な練習方法がありますが
フリーバッティングなどで
よく用いられる練習道具に
バッティングマシーンがあります。

バッティングマシーンは
私が野球を始めた頃にはすでに
当たり前のように練習で使われてきました。

しかしこのバッティングマシーンによる
練習は本当に有効なのでしょうか?

もちろん
バッティングマシーンによる
バッティング練習の利点もあります。
まず1つ目は
バッティングピッチャーがいらない
ということです。

チームによっては
バッティングをするための
バッティングピッチャーをできる選手が
少なくその選手ばかりに頼ってしまうと
その選手が投球過多により怪我をしてしまいます。

2つ目はコントロールが良い
ということです。
バッティングマシーンは
性能が良ければボールさえしっかりしていれば
同じコースに何球もボールを投げてくれます。
これはストライクがあまり入らない
ピッチャーがバッティングピッチャーを
するよりも効率が良いでしょう。

3つ目は
変化球です。

次の対戦相手の
ピッチャーによっては
そのピッチャーに合わせた
変化球対策が必要になるでしょう。

その時に
相手投手が投げる球種を
投げられる選手がチームにいなければ
変化球対策をすることが
できません。
しかしバッティングマシーンであれば
ある程度同じような球種を
設定して練習をすることができます。

このように
バッティングマシーンには
確かにメリットがあります。
しかし、それでも私は
バッティングマシーンでの
バッティング練習は限定的な
使い方にとどめることをおすすめします。

その理由は
大きく分けて3つあります。
1つ目は
バッティングマシーンでは
実際の投手のタイミングを
掴むことができない
ということです。

バッターは
投手のフォームや腕の振り
などをみてタイミングを合わせて
球種、コースを予測して
スイングを行います。

しかしながら
バッティングマシーンの場合は
その予備動作となる
モーションがなく
ボールが飛んできます。

これにより
起こってしまうのは
十分なテイクバックやタメのない
当てるだけのバッティングです。

マシンは力感もなく
ボールを入れれば速い球が
飛んできます。
その結果本来ピッチングモーションに
合わせて取るべきテイクバックやタメを
十分に取ることができません。

そのままマシンバッティングを
続けてしまうと
マシーンに振り遅れないように
コンパクトなバッティングを
するようになってしまいます。

コンパクトと聞くと
聞こえはいいように感じますが
実際は金属バットに頼った
当てるだけのバッティング練習です。

これでは実際のピッチャーと対戦した時は
逆にボールを待ちきれなかったり
当てるだけのバッティングで
長打が生まれなかったりしてしまいます。

2つ目の理由は
ボールの回転が
実際のピッチャーとは
大きく違い異常な軌道で
向かってくるということです。

ピッチングは繊細なものです。
特にボールへ回転を加える
指先の感覚や力の伝え方は
複雑です。
その複雑な感覚を流石に
マシンでは再現ができません。

その結果
実際にピッチャーが投げてきた
ボールとは
異なった軌道でボールが
飛んできます。

あなたも経験があると思いますが
マシンでバッティングをしていると
それほど速い球ではなくても
詰まったり差し込まれたりして
しまうことがあります。

これは
ピッチャーの投げる球と
マシンの投げる球の微妙な
軌道の違いから生まれているのです。

当たり前ですが
試合でピッチャーがマシン
ということはありません。
つまりこのマシンの軌道に
慣れすぎてしまうことは
危険ということになります。

3つ目は
要求通りにしか
ボールがこないということです。

バッティングにおいて
狙い通りにきたボールを
綺麗に打ち返すことは
あまりありません。

むしろ大切なことは
多少崩されながらも
対応をしヒットを
打つことです。

それに対し
マシンでは
多少のブレこそあれど
ある程度予想通りの
所にボールが飛んできます。

その結果慣れてしまえば
気持ちよく綺麗にバッティングが
できてしまいます。

しかし先ほども
お伝えしたように
いくら綺麗にボールを打ち返す
練習をしても実践では
同じコースにボールはやってきません。

以上のような理由から
私はバッティングマシーンでの
バッティング練習には否定的です。

それよりも
近い距離から
緩いボールで良いので
人が投げたボールを
タイミングをとり
コースごとに打ち分け
遠くに飛ばそうと練習をした方が
良い練習になるでしょう。

遅いボールを練習して
速いボールを打てるのか?
という疑問を持つ人もいますが
問題ありません。

速いボールを
打つ練習をしなくても
投手のモーションにタイミングを
合わせることができていれば
実践では速いボールにも
対応することは可能です。

実際に強豪校の
多くでも最近では
マシンバッティングよりも
バッティングピッチャーによる
バッティング練習を
優先して行なっています。

プロ野球を見ても
バッティングピッチャーという
仕事があるように
実際にピッチャーが投げるボールを
打つことを重視しています。

では
マシンはいらないのか?
と思った人もいるかと
思いますが
限定的に変化球の練習や
バント練習などには
マシンバッティングを
用いて良いのではないかと
思います。

なぜならばバントに
テイクバックやためはいらず
変化球であれば
まっすぐに比べれば
ボールを見る時間が十分にあり
テイクバックやタメを作ることができるからです。

あなたのチームも
マシンバッティングでは
打てているのに
試合で打てていなければ
こうしたバッティングピッチャーを
使ったフリーバッティングを試してみては
いかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です