ストレッチはいつ行うのか?part1


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

ストレッチが大切
ということは多くの方が
当たり前のこととして
認識していることと思います。

ではいつどのように
行えばいいのかを考えたことが
ありますか?

こうしたことを
しっかりと理解しておかなければ
ストレッチ効果は薄くなり
パフォーマンスを下げるばかりか
怪我を引き起こしてしまう可能性すら
出てきてしまうのです。

ここでしっかりと
ストレッチを行うべき
タイミングややり方を
確認しておきましょう。

まずストレッチには
様々なやり方があることを
理解しておきましょう。

いわゆるストレッチ
として捉えられることが
多いのが
スタティックストレッチ
と呼ばれるものです。

これは例えば柔軟体操のように
ゆっくりと時間をかけて
可動範囲を広げて行くような
静的なストレッチです。

足の裏を10~20秒ほどかけて
行うなどあなたも行なったことが
あると思います。

このスタティックストレッチは
リラックス効果や筋肉を緩めることで
可動範囲を広げる効果があります。
そのため練習前というよりは
どちらかというと練習後に
行なったり練習がない日に
可動範囲を広げるために行うことが
良いとされています。

なぜならば筋肉を緩めるということは
一瞬の力を引き出す必要が
あるスポーツにとっては
マイナスになる可能性があるからです。

ただあまりにも体が硬く
それが影響して可動範囲が
狭まっている選手にとっては
筋肉が緩まることよりも
可動範囲が広がることの方が
プレーにとって優位に働くため
プラスの効果を得られることがあるので
覚えておきましょう。

では練習前や試合前に
行うべきストレッチは何かと言うと
代表的なものが
ダイナミックストレッチです。
あたなのチームでも良く行われている
と思いますがこれはスキップや
サイドステップなどの動的なストレッチです。

体を動かしながら
反動を使って体を
ストレッチさせていくことで
筋肉を緩めすぎずに
体を温めてくれます。
ただ注意していただきたいのは
スタティックストレッチに比べれば
じっくり体を伸ばせるわけではないので
一つ一つの動作を適当にやってしまうと
正しい効果を得ることができません。

例えば足を伸ばすべきところで
足をめげてしまったり
腕を伸ばすところで曲げてしまったり
すると効果は薄くなってしまうでしょう。
ダイナミックストレッチを行う場合は
正しい動作・形を心がけましょう。

次回はストレッチの中でも
特に気をつけておきたい
肩まわりの部分をお伝えいたします。

ダイナミックストレッチの参考に↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です