筋トレで「野球」は下手になる?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

最近では筋力トレーニングが
パフォーマンスアップには
欠かせない当たり前のものとして
どこのチームでも独自のメニューの元
筋力強化を行なっています。

しかし、
筋トレは必要ないという
議論があることも事実です。

はじめに断っておくと
私は筋トレはあったほうが
良いと思います。
しかしやり方や考え方を
誤って行なってしまうと
パフォーマンスを下げる結果に
繋がるとも考えています。

そもそも筋トレは
プレーにおいて使う
筋肉を鍛えることで
パフォーマンスアップを
行なったり怪我の予防を行なったりする
という役割があります。

その筋トレの方法は
あなたもご存知の通り
筋肉に負荷をかけることで
鍛えていくため
筋トレの正しい姿勢や形は
体にとっては「きつい」体勢になります。

例えば
仰向けの状態から
起き上がっていく
一般的な腹筋を行うにしても
正しく行うには
反動をつけずに行うことが
必要になってきます。

しかしこの動作のみを切り取ってみると
反動をつけようがつけまいが
体を起き上がらせるという現象に
何も変わりはありません。

つまり効率よく楽に起き上がろうと
思えば反動をつけたほうが
はるかに楽であり効率がよくなるのです。
(もちろん筋トレの効率は落ちます)

ではこれを野球のプレーに
置き換えてみるとどうでしょうか?

野球のプレーは
速い球を投げるにしても
打球を遠くに飛ばすにしても
いかに効率よく体を使い
効率の良いフォームで
ボールに力を伝えるかが
重要となります。

そこに負荷をかける
という概念は存在しません。
何故ならばそれはプレーにおいては
無意味なものだからです。

そのため
プレーを行うにあたっては
助走をつけたり
テイクバックでためを作ったり
体重移動を使って反動を使ったり
して効率よくスムーズに
プレーを行おうとします。

だからこそ
野球に最も必要なことは
いかに少ない力で効率よく
大きな力を出すのか?
ということになります。
こうして考えると
筋トレの正しい方法とは
真逆にあることが分かると思います。

ただ最初にも話したように
筋トレは必要なトレーニンングの
一つです。
それはいくら小さい力を大きく
しようとしても限度があるからです。

やはりある程度の筋力は
備えておくに越したことはありません。
その上で効率よく力を伝える
動きをすることができれば
その相乗効果はとても高いものと
なるでしょう。

そのため
気をつけていただきたいことは
筋トレをすることによって
感覚が鈍くなり
本来もっと効率よく力を伝える方法が
あるにも関わらず
筋トレを行うことで身についてしまった
筋肉に負荷をかける体の使い方が
染み付いてしまうことです。

この感覚は筋肉がつけばつくほど
筋肉でカバーをしてしまうため
鈍くなっていってしまうでしょう。

あなたもこうしたリスクがあることを
頭に入れて練習に取り組むようにしましょう。

あたなのフォームは効率良い
スイングができていますか?↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です