1番バッターの役割とは?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは一番バッターというと
どのようなイメージを持つでしょうか?

・足が速い
・左バッター
・ミートが上手い
・打率が高い

このようなイメージが
まずは浮かんでくることでしょう。

ではここで改めて
一番バッターの役割について
考えていきましょう。

まず1番バッターに
求められる最大の役割は
得点をすることです。

得点をするために必要なことは
まず塁に出ることです。
もちろんホームランを打つことができれば
それに越したことはありませんが
確率的に考えればホームランで得点を
取ることよりも打線のつながりで得点を
取ることが望ましいでしょう。

そのためにはまず塁に出ることが
必要になってきます。
塁に出る方法は
・ヒット
・四死球
・エラー
この3つが考えられます。

ヒットを打つには
ミート力と走力が関係してきます。
まずバットに当てる能力が高ければ
ヒットにできる確率は高くなるでしょう。
プラスアルファ足が速ければ
内野安打を狙うことも可能です。

また足が速いというだけで
内野手にはプレッシャーがかかります。
そのためエラーを誘いやすくなるでしょう。
ですが足が速いだけでミート力がなければ
せっかくの足が生きてきませんので
足が速いだけで一番バッターに選手を
置くのはあまり意味がないかもしれません。

ミート力が高いことで
良いことはもう一つあります。
それは四死球率も高めることが
できるという点です。

ミート力が高ければ
良いピッチャーを相手にしても
三振になる確率が低くなります。
そのため前には打球が飛ばなくても
ファールで粘ることができるでしょう。
これでボール球に手を出さなければ
必然的に四死球は多くなってきます。

出塁の次に1番バッターにとって
大切なことは走塁技術の高さです。
この走塁技術の高さというのは
単純な足の速さだけではなく
状況に応じて常に先の塁を狙うことが
できる技術です。

盗塁をしたり
相手の隙をついて進塁をしたり
無駄な走塁死をしない冷静な判断力も
必要となるでしょう。
もちろん足の速さも大切ですが
足が速くても盗塁が下手だったり
よく暴走してアウトになってしまう選手は
得点ができないばかりか
チームの士気を下げることにも
繋がるので注意が必要です。

そしてもう一つ1番バッターとして
必要なことは打席での工夫です。

1番バッターは何と言っても
チームで1番打席が回ってくる選手です。
その為相手からすれば嫌な存在でなければ
いけません。

1番バッターが簡単に
打ち取られてしまうと
相手からすればとても楽ですし
味方からしても簡単に打ち取られてしまうと
「今日のピッチャーは打ちづらいかも知れない」
とマイナスな影響を与えてしまいかねないでしょう。

1番バッターが与える影響は
予想以上に相手にとっても
味方にとっても大きいものです。
だからこそ工夫が必要です。

必ずしもヒットを打つことができなくとも
球数を投げさせることで
相手のピッチャーの球種を探ったり
球数が増えることで後半に球威が
落ちてくるかもしれません。

以上をまとめると
まず一番大切な能力は
ミート力
そして次に大切なことは
走塁においても打席においても
冷静な判断能力
そして最後に必要なことが
単純な足の速さであると思います。

1番バッターはやりがいのある打順です。
役割を理解し足りない要素を補って
他に替えの効かない1番バッターを
目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です