ボール拾いに選手としての本当の姿が現れる?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球の練習をしていると
ノックやバッティングなどで
多くのボールを使うことがあります。

そうした練習をし終わった後や
途中でボールがなくなれば
ボール拾いをしなければなりません。

特にバッティング練習は
色々な場所にボールが転がるため
ボール拾いに多くの時間が
かかってしまいます。

こうした時に
全員が集中してボール集めを
することができれば
すぐに次の練習に移ることが
できるのですが
やはり人数が多ければ多いほど
「誰かがやるだろう」
という気持ちが働いてしまい
意外と時間がかかってしまうことでしょう。

しかし、そんな中でも
ボールを早く拾おうと
している選手も少なからずいます。

そうした選手たちに
共通することは
不思議なことに
試合で活躍している選手や
上のレベルで野球を続ける選手が
多いということです。
(もちろん逆もありますが
そうした選手は次のステージでは
通用しないということがほとんどです。)

これは一体なぜなのでしょうか?

おそらくしっかりとボール拾いを
している選手には
「早くボールを拾ってすぐに練習をしよう」
という意識はあまりないのではないでしょうか?

ではなぜ素早くボールを拾うのかというと
それは目の前のやるべきことに常に全力で
取り組んでいるからではないでしょうか?

ボール拾いを積極的に
できない選手はどこか
気持ちが他の所に向いており
ダラダラとボールを拾ったり
集めているカゴに遠くから玉入れのように
ボールを投げて入れるなど
効率の悪いことばかりをしてしまいます。

このように
ボール拾いというやるべきことを
しっかりとできない選手は
どこか集中力に欠けており
本当にやらなければいけない
バッティング練習や
守備練習やランニンングなどでも
すぐに気が散ってしまい
手を抜いてしまうことでしょう。

対してボール拾いをしっかりと
できる選手は
どんな練習であっても
気を散らすことなく
黙々と練習を行なっています。

特に自由練習の時間などがあれば
その差は如実に現れることでしょう。

私が学生時代プロ野球選手や
上のステージで野球を続けているOB選手が
チームにたまに帰ってきて練習に
参加してくれることがありました。

そうした時を思い返してみると
必ずといっていいほど
一緒になってボール拾いや
グラウンド整備、片付けを
行なっていました。

やはりこうした所に
選手としての器や
練習に対する取り組み
選手としての本当の姿が
現れるものだと実感しました。

もちろん
だからといって
全力で走ってまで
ボール拾いをしろとは言いません。

ただ、他のことに気をとられることなく
バッティングをする時間は
バッティングに集中し
ノックの時はノックに集中
そしてボール拾いの時はボール拾いを
黙々と行なっていくことが
選手としての正しい姿であり
自分を磨くことにも繋がるのでは
ないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です