心配性は役に立つ!?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

「心配性」と聞くと
あなたはどういったことを
イメージするでしょうか?

・自信がない
・堂々としていない
など少しネガティブな印象を
受けるため
野球にとってはマイナスと
感じるかもしれません。

どちらかというと
自信満々で堂々としてプレーをしている方が
良いのではと思うことでしょう。

しかし、あくまでも私の個人的な
意見としては野球選手としては
心配性である方が良いと考えています。

なぜならば
心配性であるということは
色々なところに「心」を「配」ることが
できるということだからです。

例えばこうした心配性は
守備の場面でとてもいきてきます。
野球にはミスがつきものです。
特に守備に関しては頻繁にミスが
生まれてしまいます。

こうしたミスを最小限に防ぐのが
リスク管理の意識です。
そのリスク管理の代表例が
カバーリングの意識です。

送球ミスがあれば
アウトを取れないばかりか
ランナーを次の塁に進めてしまい
ピンチを広げてしまいます。

こうした時に
もしかしたら送球ミスが
起きてしまうかもしれない
と心配をすることができれば
どうでしょうか?

こうした心配ができれば
カバーを教わっていなくても
勝手に送球ミスに備えて
カバーに入ることができてしまうでしょう。

実際こうした意識を
持つことができる選手は
何も教えなくても
勝手にカバーリングができてしまいます。

では逆に自信満々にプレーをしている選手は
どうでしょうか?
もちろんプレー自体は堂々と行なっても
良いのですがそれがすぎると
その自信は油断や慢心へと繋がり
「うちの守備に限ってミスはしないだろう」と
考えてしまいカバーを怠ってしまうでしょう。

また仮に日々の練習でカバーを徹底することで
カバーの動きが身についていたとしても
それはあくまマニュアル化された動きに
過ぎないのです。
そのためマニュアル外の動きが求められる時
どこにカバーに行けばいいのか分からない
ということが起きてしまいます。

こうした例外に対応する
応用力を養うためには
常に周りに気を配り
ミスがあるのではないか?
相手が盗塁してくるのではないか?
エンドランもあるかもしれない
スクイズ警戒
と心配し続けることが必要でしょう。

さらに心配性であると
練習に対しても熱心に取り組むことが
できると私は思います。

自信がないから練習をする
自信がないから努力をする
このように少しでも心配があると
その心配を取り除こうと
細かいところまで抜かりなく
練習をし努力をしようとします。

・バント練習
・サイン確認
・連携の確認

こうしたことは
細かいところですが
少しでも心配があれば確認をして
しすぎることはありません。

このように心配性は
捉え方によっては
そう悪いことではありません。
心配性であるがゆえに
万全の準備をし根拠ある自信に
繋げることができるからです。

あなたも根拠ない自信ではなく
根拠ある自信を身につけるためにも
周りや自分自身に心を配ることを
大切にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です