打球が跳ねたら一歩前に!?〜守備の考え方〜


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

内野手の守備において
重要なことは色々ありますが
あなたはなにが一番大切だと
考えていますか?

捕球姿勢
足の速さ
守備範囲
肩の強さ
打球予測
このような様々な要素が
ありますが
中でも特に必要だと
考えられるのは
打球の方向や軌道を読む打球感です。

この打球感が良くなると
どんなスピードでも
どんなバウンドでも
どこにボールが来るかを
判断することができるように
なっていきます。
その結果一番捕りやすいバウンドで
打球に入ることができるようになります。

つまり、この打球感さえ
身につけることができれば
ゴロの捕球がとても簡単になるのです。

ではこの打球感について
例をあげて考えていきましょう。

まず考えて欲しいことは
一番捕りやすいバウンドがどこかということ
以前にもお伝えしたことがありますが
打球の中で一番捕りやすいバウンドは
もっとも高くボールが弾んだ所
もしくはショートバウンドです。

軟式野球ではボールが良く弾むため
一番高くバウンドしたところで捕球するケースが
多くなりますが
硬式野球ではそれほど打球が
弾まないので基本的には
ショートバウンドを狙って
打球を予測し捕球を行います。

これを参考にして考えると
守備をするときは
通常の打球であれば
下の図のように
打球のバウンドを予測し
守備位置から
一番捕球がしやすいA地点に
向かっていきます。

この予測ができるようになると
内野手は常に簡単な場所で
ゴロをさばくことができるので
ミスも少なく
他の人から見ても
簡単に守備をしているように見えます。

反対にこの予測ができない選手は
いつも難しいところで捕球をしてしまうため
ボールを抱えるような姿勢になってしまい
ミスが出てしまいます。

この予測を
するためには
ある程度の練習量が必要に
なってきます。
繰り返しノックを行うことで
バウンドを予測する感覚を
養っていきましょう。

しかし、打球はいつでも
予測通りに来るとは限りません。
特に土のグラウンドでは
コンディションによっては
イレギュラーが度々起こります。

例えばいきなり打球が大きく
跳ねてしまった時
通常通りに来ると思っていて
先ほどと同じA地点に向かったとします。

すると今度はイレギュラーした分
バウンドが変わっているので
A地点では最も打球が捕球しづらい
ハーフバウンドになってしまいます。
これでは一気に捕球確率が下がってしまいます。

ですがレベルの高い選手ですと
これぐらいのイレギュラーにも
動じません。
上の図を見ても分かるように
ボールが高く弾んだと分かった瞬間に
打球の予測を修正し
一歩前のB地点に向かっていき
ショートバウンドで捕球を行います。
(捕球姿勢をとっている時間が短いので
おそらく片手でのシングルキャッチになります。)

このように一歩の違いで打球は
捕球しやすくも、しづらくもなります。
この判断は一朝一夕にできるものでは
ありません。

おそらく頭で考えるよりも
先に体が勝手に反応をし
足を前に進めているはずです。

これもできるようになるには
反復練習を行うことが大切です。
また加えて高く弾んだ時に
思い切って前に出て行く勇気と
すぐに足が使えるように細かい
ステップが重要になります。

大きいステップで打球に
向かっていってしまうと
こうしたとっさの対応をする時に
足が地面に着いていないため
対応ができなくなってしまいます。

ぜひあなたもこうした
打球感を磨き上げミスの少ない
選手を目指しましょう。

PS.もちろん打球によっては
前に出るだけではなく
一歩下がるケースもあります。
下がることも勇気がいることですが
まずは練習の中で実践をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です