人工芝は守備が下手になる?〜内野手の守備〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは人工芝でプレーを
したことがありますか?

高校野球では基本的には
土のグラウンドが多く
甲子園も土のグラウンドですが
東京大会では人工芝の
神宮球場が使われたり
神奈川でも横浜スタジアムが使われる
ことがあります。

また大学野球や社会人野球
さらにはプロ野球の世界でプレーする
こととなると
人工芝でプレーをする機会はとても
多くなります。

プロ野球の本拠地をみても
今ではほとんどの球場が
人工芝の球場となっています。

大学生でも
私が所属していた法政大学では
試合は全て神宮球場で行われている為
人工芝であり
法政大学の野球グラウンドも
全面人工芝となっておりました。

練習場が人工芝で良かったところは
土に比べて整備がしやすく
多少の雨が降っても
練習ができる点にありますが、

プレーをする上では
土に比べてイレギュラーがしづらく
打球が読みやすいことにあります。
(意外と知られていませんが人工芝で
あってもイレギュラーはします。)

その為、野手としては恐怖心が
少なく比較的簡単に守備を
行うことができます。

しかしそこで問題になってくることが
人工芝でプレーをすることによって
守備が下手になってしまうのではないか
ということです。

結論から言うと
これは半分正解であり
半分間違いです。

これはどういうことかというと
下手になる人もいれば
上手くなる人もいるということです。

まず下手になってしまう方から
考えていきましょう。

守備が下手になってしまう理由は
人工芝のメリットの裏側にあります。

先ほど話した人工芝の
メリットである打球が読みやすいという点は
守備をする選手の打球に入るまで
足の数を減らす要因となります。

土のグラウンドでは良い選手ほど
打球に入るまでにたくさんのステップを使い
捕球姿勢に入っていきます。

その理由は打球が飛んでくるまでに
バウンドして軌道が微妙に変わったり
イレギュラーをするのに備えて
足を多く動かしておき
軌道がズレるたびに捕球位置を微調整する為です。

もしこのステップが少なく
大股で打球に入ってしまったらどうでしょうか?
おそらくバウンドによる打球軌道の変化に瞬時に
対応することができず
打球の正面に入れなかったり
バウンドが合わなくなってしまったりし
結果的にエラーをしてしまうことでしょう。

では人工芝ではどうなるでしょう?
土の場合はイレギュラーや微妙な打球軌道の
ズレがそもそも起きやすい為小刻みにステップを
踏む必要性がありますが
人工芝ではその軌道があまり変わらず
打球軌道が読みやすい為
手を抜こうと思えば少ないステップでも
打球に簡単に入ることができてしまいます。

しかしこれに甘えてしまうと
それがそのまま守備が下手になる
原因となってしまいます。
実際人工芝でプレーするようになって
足が動かなくなり守備が下手になっていく
選手をたくさんみてきました。

ですがそれでも
上手くなる方法はあります。
それは簡単です。
手を抜かずにどんな打球に対しても
イレギュラーするものとして
ステップを多く踏むことです。
そうすればたとえ人工芝でプレーを続けていても
守備が下手になることはありません。

むしろ変な恐怖心が
なくなる為色々なプレーに練習で
挑戦することができ
プラスに働くはずです。

こちらの動画をみてください

守備位置から実際に捕球をした
位置までは大体2~3m程です。
その為、手を抜こうと思えば
4歩くらいで打球に入れると思います。

しかし、手を抜かずにイレギュラーや打球に入る
タイミングを合わせると
このように倍近くのステップを踏むことになります。

この動画では打球に入るまでに
8歩くらいのステップを踏んでいることが
分かるかと思います。

実際の守備ではもっと
遠いところに打球が飛ぶ
ケースもあります。

その場合は
最初は全力で打球を追うため少し大股に
そして打球が近くにつれ微調整が必要になるので
小刻みにステップを踏んでいくように
しましょう。

このように人工芝であっても
手を抜かずに足を使うように心がけていれば
人工芝であっても守備が下手になることは
ありません。

最後にステップを
多くするための動画を載せておくので
ぜひ参考にしていただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です