東京六大学歴代記録について〜最多〇〇は誰?〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日は東京六大学の歴代最多本塁打記録についてお伝えしました。
今回はその他の記録について、お伝えします。

まずは投手の勝利記録です。
最多勝利記録は山中正竹さん(法政大学/昭和41〜44)で、なんと4年間で驚異の
リーグ通算48勝(80試合に登板)をあげています。4年間で多くてもチームとして100試合程度しかないにも関わらず、48勝をあげたということは、一年生の頃からほとんど全ての試合で投げていたということになります。

今では考えられない登板数の為、おそらく今後もこの記録が破られることはないでしょう。山中さんはプロ野球の世界には進んではいませんが、バルセロナオリンピックの監督を務めたり、現在でも侍ジャパンの強化委員会強化本部長に就任するなど、野球界に貢献されております。

ちなみに通算2位は47勝で、江川卓さん(法政大学/昭和49~52)となっています。
この記録もおそらく破られることはないでしょう。

続いては通算安打記録です。
通算最多安打記録は、リーグ戦通算131安打で、現阪神タイガースの高山俊選手(明治大学/平成24~27)です。それまでの最多安打記録は、巨人で活躍された高田繁さん(明治大学/昭和39~42)の127本でした。この記録は約50年ほど破られていなかった大記録でしたが、高山選手は一年生の春からレギュラーとして活躍し、4年間通算102試合のリーグ戦で、大記録を達成しました。

その後はプロ一年目に新人王を獲得するなど、非凡な才能を発揮しています。

リーグ戦通算安打記録は、100安打を越えれば大記録とされており、達成した多くの選手がプロの世界に進んでいきます。
現役選手や有名な選手でいうと以下の通りとなります。

121本 大引 啓次(法大) 平15~18
119本 高橋 由伸(慶大) 平6~9
117本 岡田 彰布(早大) 昭51~54
115本 鳥谷  敬(早大) 平12~15
112本 大城 滉二(立大) 平24~27
谷沢 健一(早大) 昭41~44
109本 上本 博紀(早大) 平17~20
105本 松本啓二朗(早大) 平17~20
103本 高木 大成(慶大) 平4~7
田中 浩康(早大) 平13~16
武内 晋一(早大) 平14~17
佐藤 拓也(立大) 平25~平28(現在32名が達成)

現在ヤクルトにいる元メジャーリーガーの青木選手は、115安打を達成した鳥谷選手の
同期として早稲田大学で活躍していましたが、レギュラーを掴んだのが2,3年生以降であった為、出場試合数が少なく、通算100安打は達成できていません。

このように東京六大学で偉大な記録を達成すると、プロ野球への道は大きく広がります。もしあなたが六大学へ進む気持ちがあるのであれば、投手は通算30勝、野手であれば通算100安打を達成することを目標にして、今からの練習に取り組んでいただきたいと
思います。


あなたの野球能力は全国何位?

◯個人のレベルアップに
身長や体重、球速やスイングスピード
さらにはプレー動画のリンクなどの選手情報を登録することで全国の平均値とあなたの能力を比較することができ長所や短所を知ることができます

◯チームで活用
チームで登録すればチーム内順位も表示することが可能
チーム内競争を高めるためにご活用してください

◯システムは無料
今すぐ登録をしてあなたの実力を野球界にアピールしよう!