東京六大学歴代最多本塁打数は23本?その選手は誰?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

以前の法政大学野球部について
少しお話をしていきました。

今回はその法政大学が所属している
東京六大学野球の歴代記録について
お伝えしていこうと思います。

タイトルに書いた通り
東京六大学野球の
歴代通算最多本塁打数は
現在のところ23本が最多記録となっています。

この23本という数字を聞いて
あなたは少ないと思ったでしょうか?
それとも多いと思ったでしょうか?

おそらく高校野球に馴染みがある方だと
早稲田実業の清宮選手が高校3年間で
100本以上のホームランを放ったことを考えると
大学生は4年間あるので23本は少ない
と感じるのではないでしょうか?

ですがこれは大きな間違いです。

高校生の場合は
公式戦だけではなく
練習試合などで打ったホームランも
通算成績として記録されますが
大学生の場合は公式戦で打った
ホームランのみが通算記録となるのです。

大学生の公式戦は1年間で春と秋に
一度ずつリーグ戦形式で行われます。
その為一つのシーズンで1チームあたり
10〜15試合ほど戦います。
(1つのカードで2勝した方に勝ち点が入る為
1勝1敗や引き分けがあった場合は
3試合目が行われるので試合数は各大学ごとに
変動します。)

つまり1年間で20~30試合ほど戦うこととなります。
それを4年間で考えると多くても100試合前後
となります。

つまり約100試合で23本のホームランを
打ったということになるのです。
それでも少ないのでは?
と感じる人もいるかもしれません。

そんな方へ頭に入れておいて欲しいことが
いくつかあります。

まず高校生とは違い
大学生は木製バットを使っていること

そして東京六大学は学生野球の
最高峰のリーグであるということ

選手のレベルが高いということは
まず試合に出ることが難しいのです。
先ほどの100試合というのは
一年生の春から試合にでれた場合の
試合数です。
つまり3年生からレギュラーをとったとすれば
試合数は半分の50試合前後になってしまうのです。
50試合で23本のホームランを打つことが
どれだけ難しいかは想像がつくかと思います。

また毎年のように東京六大学の
エースピッチャーがプロ野球に行っている
ことからも分かるように対戦するピッチャーの
レベルは非常に高くヒットを単純に打つだけでも
難しいのです。

これらを考慮してこの23本という
通算本塁打数を考えるといかに
難しいことかが理解できるのではないでしょうか?

さて
ではこの通算最多本塁打を
記録した選手が誰か
あなたはご存知でしょうか?

実はこの記録を達成したのは
巨人の高橋由伸監督(慶應大学)なのです。
高橋監督は慶應大学の選手時代
当時最多本塁打記録であった
田淵幸一さん(法政大学)の記録22本を
30年ぶりに更新し大記録を達成しました。

この記録は約20年前に達成されましたが
いまだに破られていない偉大な記録
となっています。

もし将来この記録が破られるようなことがあれば
おそらくその選手はプロ野球の世界でも
大きな成功を掴むことができるでしょう。
もしもあなたがこの記録に勝負をしてみたい
と考えているのであれば
ぜひ東京六大学で野球を行い
記録に挑んで欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です