人間は野球をやる為に設計されていない?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

スポーツに怪我がつきものです。
野球においてもプレーをする中で
様々な場所に負荷がかかり
その負荷が蓄積していくと
怪我となってしまいます。

怪我をしてしまうことの
一番の問題点は
野球ができないことです。

辛い練習はいくらでも
あります。
しかしながら
練習が満足にできない
期間というのは
それ以上に辛いのではないでしょうか?

私も現役中に
色々な怪我をしました。
中学生の時には肘を
大学生の時には
肩や足そして腰を故障し
練習に参加できない期間が
ありました。

怪我をしてしまうと
ただ練習をおとなしく見ている
ことしかできません。
その間にもチームメイトや
相手チームの選手は練習をしていることを
考えると焦りも出てきてしまいます。
特に中学生の頃は伸び代がたくさんあり
周りの成長も早いので
練習に参加できないことによる
ストレスは相当なものでした
そのため少しでも症状が改善されると
すぐに練習に復帰してしまい
痛みが再発してしまうということも
経験しました。

こうした悪循環に入ってしまわない
為にも自身の体には細心の注意を
払う必要があります。

もちろんどんなに注意をしていても
野球をやっている以上怪我をしてしまうことは
あるでしょう。
それはそもそも人間が
野球をするような身体に
設計されていないからです。

当然野球は人間が考えたスポーツなので
人間しかプレーしないのですが
そもそもを考えると
野球が生まれたのは人類の歴史から考えれば
最近のことであり
大昔から野球があったわけではありません。

その為、野球の中で行われる
バットを繰り返し振ったり、ボールを何球も投げたり
といった動作は想定されていない為
負荷がかかればかかるほど体に負担がかかり
怪我をしてしまうのです。

その証拠に
プロの世界でも速い球を投げる選手ほど
体がその負荷に耐えきることができずに
怪我をしてしまいます。

メジャーで活躍している
田中将大投手
前田健太選手
ダルビッシュ有選手
大谷翔平選手
以上の選手もいくら良いフォームで
ボールを投げていても
速い球を投げる分
体には相当な負担が
かかっていることが予想されます。
それが故障につながってしまうのです。

このように野球選手にとって
怪我はつきものですが
それでも対策のしようは
いくらでもあります。
この対策を打つことで
怪我のリスクを減らしたり
怪我をしたとしても重症とはならずに
軽症で済ませることができたりします。

その対策の考え方の一つが予防です。
怪我をしてから治療の努力をするのではなく
怪我をする前に怪我にならない努力をする
という考えからが大切です。

予防の方法はいくつかあります。

まずは練習前のストレッチやアップです。
特に小さい頃というのは
アップ無しでも体が動くと感じてしまう為
ストレッチやアップを簡単に終わらせて
しまいます。

しかし、当然ですが適切なアップを
しなければ体は準備ができていない為
怪我のリスクを高めてしまいます。
また特にキャッチボールを行う前の
ストレッチなどは丁寧に行って欲しいと
思います。

少年野球や中学野球、高校野球をみても
投げすぎという問題もありますが
その前にまず肩回りの筋肉や関節に
対するケアが不足しています。

先ほどもお伝えしたように
そもそも人間はボールを投げることを
想定して体を設計されていません。
その為ボールを投げれば投げるほど
体には負担がかかってしまいます。

だからこそボールを投げる前には
必ず肩回りのストレッチや柔軟性を
高めておくことを忘れずに行いましょう。

次に大切なのは
練習後のケアです。
体は練習を続ければ続けるほど
疲労を蓄積してしまいます。
そうした疲労を蓄積してしまわない為にも
練習後には必ずダウンや入念なストレッチを
行うことを習慣としましょう。

特に激しいトレーニングなどを
行った後は体が疲れてしまっている為
ダウンをやるのが辛く感じるかもしれません
しかしそのまま放っておくと逆に
疲労は溜まったままになってしまいます。
ゆっくりでいいのでストレッチなどと
合わせて軽く5分くらい走ることで
血液が循環し体の老廃物を取り除いてくれます。
その結果疲労を残さずに次の日の練習に
取り組むことができるようになります。
いくら疲れていてもダウンを忘れずに
取り入れるようにしましょう。

最後に大切なことは
日々の意識とケアです。
練習前のアップやストレッチ
練習後のダウンだけでは
完全に体をケアするには不十分です。

完璧はありませんが
少しでもリスクを減らす為には
日々の意識が大切です。

例えば
日頃から負担がかかりやすい場所
特に腰や肩、肘に気を配り
可動域や柔軟性を高めておく
また定期的に整体などに通うなどして
全身のケアをしておきましょう。

身体は普段は何も感じないかも
しれませんが怪我をしてから
初めて身体の大切を知ることになるでしょう。

今回紹介した予防は
やっている人とやっていない人では
大きな差が出てきてしまいます。
怪我をしてから後悔しない為にも
今からでも良いので細心の注意を払いましょう。

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です