〇〇を超えることが考える力を育む


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球をしていると
よく言われるのが
「考える力を身につけろ」
という言葉です。

野球は直感的に動いて
プレーをすることも大切ですが
それだけでは決していけません。

考えてプレーを行うことで
プレーの質も技術力も
上がっていくことができます。
しかしそうした考える野球というのは
そう簡単に誰でもできる
というわけではありません。
特に年齢の低い選手や野球を
始めたばかりの選手にとっては
難しいものです。

ですが中学生以上ともなると
そうした考える野球ができなければ
上のレベルでやっていくことは
できなくなってきてしまうでしょう。

ではまずなぜ考える野球が難しいのか?
その理由は3つあります。
一つ目は
野球をある程度知らなければいけない
ということです。

野球を始めたばかりだと
まずは野球のルールを
覚えることから始まります。
野球を少しづつ覚えていき
基本や基礎を学ぶことで
少しづつ上達をしていきます。

このようなルールや基礎を
全く知らなければ考えるプレーを
行うことはできません。
それはスポーツがルールの中で
行われるものだからです。
もしルールや基礎や基本がなければ
それはなんでもありになってしまうので
スポーツではなくなってしまいます。
したがってまずは野球ルールや基礎を
しっかりと知ることが
考えるプレーにつながっていきます。

二つ目は
教えられらプレーをすることに
慣れてしまうからです。
野球は複雑な動きが多いこともあり
最初のうちは監督やコーチに
手取り足取り教えられてプレーを
することばかりです。

しかしこのように
教えられてプレーをすることに
慣れてしまうと自ら考えることを
しなくなってしまいます。
その結果として教えられたプレーしかできない
選手になってきてしまうのです。

このような理由から
考えるプレーというのは
難しくなってしまいます。

ですが先ほどもお伝えしたように
良い選手になるには考える力は
必要不可欠です。

ではどのようにすれば
考える力やプレーをすることが
できるのでしょうか?
その方法はシンプルに
監督やコーチの想像を
上回るプレーを工夫して行なってみる
ということです。

監督やコーチに教わったことを
やっているだけでは平凡な選手で
終わってしまいます。
しかし上のレベルで活躍する選手は
常に監督やコーチから言われたことを
ヒントにして工夫をし想像を超えるような
プレーをみせてくれます。

あなたも上のレベルで
プレーをしたいと考えて
いるのであればぜひ今までの
経験や知識を元に工夫をし
監督やコーチの想像を超えるような
プレーを目指してみてはいかがでしょうか?

そうした工夫をし想像を越えようとすることが
考える力を育んでいくことに繋がっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です