「学生コーチ」とは?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

突然ですが
あなたのチームに学生コーチはいますか?

おそらくですが
ほとんどのチームに
学生コーチはいないのではないでしょうか?

またそもそも学生コーチの
存在を知らないという人もいるのでは
無いでしょうか?

今回はそんな方へ
学生コーチの役割と重要性について
お伝えしていきたいと思います。

まずそもそも学生コーチとは
どのような存在なのでしょうか?
その名の通り学生が選手としてではなく
コーチ的な役割でチームをサポートする存在です。

一般的なコーチは
主に技術指導などを行なったり
練習メニューなどを決めたりしますが
学生コーチはどちらかというと
そうしたコーチたちと選手たちの
間にたち練習が円滑に進むように
サポートする役割を担っています。

例えば
・アップなどの準備や進行
・ノック
・練習メニューの指示
・その他首脳陣とのパイプ役
などが挙げられます。

こうした役割を学生コーチが
担うことで多くのメリットがあります。

一つ目は
監督コーチが積極的に
技術指導を行うことができる。

アップの進行、ノックや練習メニューの指示など
その全てを監督やコーチが行なってしまうと
とても細かい技術指導まで手が回りません。
しかし、それを学生コーチがサポートすることで
仕事を分担することができ色々なことが
できるようになります。

これは選手にとってもコーチ陣にとっても
効率的でプラスになることでしょう。

二つ目は
選手たちの自主性を高めることができる
ということです。

人数の多いチームほど
監督やコーチだけで全ての選手を
まとめるのは難しいでしょう。
その為監督やコーチもチームをまとめようと
指示や注意が細かくて多くなってしまいがちです。

そうした状況になるとどうしても
選手たちは受け身の姿勢になり
何をするにしても監督やコーチの
指示待ちの状態になってしまいます。

もちろんこれでは
チームが良くならないことは
想像がつくと思います。
こうした時に
学生コーチが間に入ることで
チームに自主性が生まれてきます。
本来であればキャプテンや副キャプテンが
そうした自主性をチームに促す役割を
担うのですが
どうしても新チームになりたての頃は
チームを客観的に見ることは難しく
また一緒に練習をしているためか
チーム全体を見ることは難しくなってしまいます。

しかし学生コーチであれば
練習には参加しないので
客観的にチームを見ることができます。
その為選手とは違った視点から
チームを見ることができ指摘をすることができます。
選手としても監督やコーチから
言われるよりも同じ年齢の学生コーチから
指摘をされる方が受け身にはならずに
いられるでしょう。

このように
学生コーチを置くことで
チームにとっては良い影響があります。
しかし気をつけなければならないのは
「誰が学生コーチをやるのか?」
といことです。
やはり同じ年代の選手たちに
指示や指摘をする立場になる為
そうした意見をはっきりと言える
部員でなくてはいけません。
またただ言うだけではなく
言われた選手ちが
「あいつに言われたらしょうがない」
と思われるような選手でなければなりません。

それだけではなく
学生コーチになるということは同時に
選手としての出場を断念する
ということでもあります。
自分を完全に押し殺し
チームのために黒子役に徹する
覚悟がなければ就くことはできないでしょう。

時にはチームのために
嫌われ者にならなければ
いけない立場にもある
学生コーチ

私が所属していた
法政大学野球部にも
各学年に1人以上の
学生コーチがいました。

その学生コーチとしての役割次第で
チームは強くも弱くもなります。

もし何か現状を打開したい
というチームであれば思い切って
学生コーチを作ってみても
いいかもしれませんね。

PS
学生コーチをやる上で
選手を断念することが障害に
なるのであれば
プレーイングコーチと言う形で
学生コーチを作って見るのも
いいかもしれません。

“「学生コーチ」とは?” への4件の返信

  1. 学生コーチが 息子の大学では 投票制です
    選ばれたら 断れば 暗黙の退部です

    泣きながら息子から 電話がありました
    ひどいです
    一年の時は 朝4時半から グランド整備をして やっと二軍で コンスタントにでれ やっとこれからと言う時に・・・
    部費 遠征費をはらい コーチ・・・
    どう納得したらよいのでしょうか??
    一軍を諦めた子や怪我をして 自分からなりたい子じゃ 何故ダメなんでしょうか?

    1. ゆら様
      チームによって学生コーチの決め方は
      様々だと思いますが
      基本的には選手の意思が尊重されるべきだと
      思っております。

      私の大学では基本的には立候補制で
      監督から頼まれる選手もいましたが
      選手を続けたい場合は断ることも可能でした。
      (ちなみにその選手は4年時にベンチに選手として入りました。)

      ただ一軍を諦めた選手や怪我をした選手がやれば良いのかと
      いえばそうではありません。
      なぜならば学生コーチはチームにおいて
      とても重要な役割を果たすからです。
      学生コーチの存在がチームの勝利に
      大きく関わっていることは間違いありません。

      そうした学生コーチに
      特に求められるのは人格です。
      簡単に一軍を諦めて手を抜いて練習をしているような選手が
      学生コーチとなっても誰もいうことを聞いてくれません。
      逆に一軍に入れていなくても一生懸命練習に取り組んでおり
      同期や後輩からも信頼されているような選手が
      学生コーチとなった場合はみんながついてきてくれることでしょう。

      そういった意味では息子さんは
      仲間から信頼をもらっているということは
      言えると思います。
      ですがやはり投票という決め方には疑問が残りますね、、、

  2. うちのチームは代々監督といった監督がおらず、たまに経験者のOBの方が指導しに来てくださるのですが、基本的には学生(主将)が主体となり、選手兼学生コーチのプレイングコーチの指示の元、普段の練習を行なっています。
    現在オフシーズンとなり走り込みをメインにしているのですが…各々が自分の限界を決めてダラダラ走ってしまっています。
    外周をタイムを測ってするのですがもちろん私も走っているので、タイムが出るまでは彼らがダラダラ走ってるのに気付かず、「今日ちょっといつもより遅くいんじゃない?どうしたの?」と聞いても「いや、一生懸命やりました」と言われ、そう言われると私も「そっか」となってしまいそれ以上強く言うことが出来ません。
    (実際は彼らはそれなりに早いのですが、タイムからすると遅いのです)

    これは人望の問題なのでしょうか?
    コーチングの本を読み、自分が率先して先頭を走り声を出しているのですが、一向に下級生やセンターで足が遅い選手などの外練においての意識が向上の兆しを見せません。
    どうしたら真剣に外練も取り組んでもらえるでしょうか…。

    1. たかし様
      コメントいただきありがとうございます。
      監督やコーチがおらず選手が自主的に練習を行うとなると
      その学年や集まった選手たちの意識によって大きな差が
      生まれると思います。監督やコーチからのやらされる練習がないぶん
      意識が高い選手が集まればとても良いチームとなり逆に意識が低い選手が
      揃ってしまうとまとまりのない弱いチームになってしまいます。
      ランニングでの士気もチーム全体としての意識が問われる練習だと思います。
      経験上タイムを競い合うほど意識を高くランニングメニューができるチームは強いと思います。

      ですが実際にもっと走れと言っても走ってくれないことはなんとなく
      たかし様にも理解でき経験もしていると思います。
      そうなると自然と自分を追い込みたくなるような仕組みが必要かもしれませんね。

      まずはランニングをする目的を明確にすることが第一です。
      なんのためにやるか分からない練習ほど退屈なものはありません。
      それがきついことであればあるほどやる気は失われてしまいます。
      ランニングをすることによって飛距離を上げたいのか?球速を上げたいのか?
      それとも心肺機能を高めたいのか?ということを明確にしチームで共有することをお勧めします。
      例えば、チームが優勝するために投手陣は球速を平均で5kmアップさせたい
      野手陣は飛距離を10m伸ばしたい。など

      そのほかはゲーム性を持たせることも面白いかもしれません。
      タイムを測っているのであれば毎回そのタイムを記録し一人一人グラフにしてみたりして
      成長を実感できるようしたり、チーム分けをして一週間の合計タイムや平均タイムを競い
      簡単な罰ゲームを設けるなどすると少しずつやる気も出てくるのではないでしょうか?

      真剣に取り組むことも大切ですがきつい練習ほど楽しく行い、集中すべき時にまとまることができると
      良い練習ができてくると思います。
      大変かと思いますが色々と試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です