「円」を意識する?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

プロ野球をみていると
トップレベルの選手は
そのプレーの一つ一つが
非常に滑らかで
流れるようにプレーをしています。

しかしまだまだ伸び代がある
少年野球や高校野球をみていると
プロ野球と比べてぎこちなく
みえてしまうことがあります。

この差は一体どこにあるのでしょうか?
その動きの差の一つとして
「円」を使った動きがあります。

円を使った動きとは
分かりやすくいうと
回転運動です。

イメージしやすいのは
バッティングでしょう。
体全身を上手く使い回転運動を
行うことで遠心力が生まれ
大きな力をうみ打球を飛ばしていきます。

飛距離が出ないという選手は
この回転運動が上手くできずに
直線的な動きになってしまいます。
その結果遠心力が足りずに飛距離が出ないのです。

この回転運動はバッティングだけではありません。
ボールを投げることも同じです。
よく勘違いされるのが
ボールを持っている腕だけが
回転運動をしていると思われていることです。

実際には背骨を中心として
下半身や上半身全体が回転運動を
行なっています。

またその回転は一つだけではなく
ボールを投げないグラブ側の腕でも
無意識に行なっていたりします。

このように考えると
回転運動はどんなプレーにも
使うことができるとても効率の
良い動きだと言えます。

これは野球だけに限りません。
柔道や合気道などでも
よく見るとこうした円運動を上手く
使っています。

小さい選手でも大きい選手を
技によって投げ飛ばしたりすることが
できるのはこの円運動を
上手く体で利用しているからでしょう。

野球の中でこの円運動が
最も上手く使えているかどうかが
分かるのがフィールディングです。

守備が上手くない
という選手は動きがとても
直線的になってしまいます。
それは打球への入り方だけではなく
グローブでボールをとってかから
送球に向かうまでの動きであったり
スローイングの仕方であったりです。

守備が上手くない選手の動きが
「カクカク」してロボットのようにみえて
しまうのはそのためです。

守備がうまい選手は
全ての動きでこの円運動を利用し
上手く反動をつけてプレーを
行なっています。

そのため自然と
みている側からすれば滑らかで
躍動感があるように見えるのです。

この円運動を身につけるためには
まずは良い選手のプレーをよく観ることです。
観て学び自分の動きと何が違うのかを
知りましょう。

さらには基本的なアップも
大切です。
アップで動きを体に覚えさせることで
野球のプレーにもそれが反映されていきます。

いくつか円運動を利用して
行うアップをご紹介するので
ぜひ試して観てはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です