打つべき球を打つ

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球では3割打てれば良いバッターと言われます。つまり、10打席あれば7打席は失敗する、ピッチャーが圧倒的に有利なスポーツです。
バッター側からすれば、10打席の中で1本でも多くのヒットを、いかに打つかが重要になってきます。

もちろん打率は、ピッチャーのレベルや年齢によっても左右されるのですが、プロ野球の世界では対戦する全てのピッチャーがプロの選手です。

そんな中、なぜ一流選手は3割を打つことができるのでしょうか?
まず一つ言えることは、どんなに良いバッターでも、全ての球種、コースを捉えることはできないということです。
それは過去に4割を打った選手が日本にはいないことが証明しているように、どんなバッターにも苦手としているコースや球種が存在します。

ではなぜ高い打率の選手と低い選手が生まれるのかというと、打率の高い選手は自分が打つべき球を打っているからなのです。苦手なコースや球種があるようにバッターには得意なコースや球種があるはずです。良いバッターは一打席で一回くるかこないかのその一球を一発でとらえ、ヒットにします。

もちろん一打席の間にそのボールがこないこともあるでしょう。
そうした時は、割り切って狙い球以外にも手を出していくしかありませんが、10打席あれば3球くらいは狙い球がくるはずです。
プロのレベルになってくるとそうした得意不得意といったデータは蓄積され、相手にも研究をされていますが、そうした研究をしたとしても、ピッチャーも全てのボールを狙ったところにコントロールすることはできません。打席の中でファールなどで粘り、強引にでも狙い球を引きださせるバッターもいます。

プロ野球以外の世界ではどうでしょうか?
小学生でも中学生でも高校生であっても、そのほとんどの場合、対戦相手のデータはそこまでありません。

そのため相手は自分たちの得意なコースや不得意なコースを把握していません。
また相手はプロのピッチャーではないので、コントロールはプロに比べれば大雑把であることがほとんどでしょう。
そう考えると、10打席あれば自分の狙い球は何球も投げられてくるはずです。
その狙い球を一発で捉えることができれば、打率は必ず高くなっていくでしょう。

あなたは大丈夫ですか?バットに当たりそうだからといって、狙い球を決めずに打ちに行ってはいませんか?もちろん苦手を克服し、打てるコースを増やすことは必要ですが、狙い球なしにそれをしていたら、相手のピッチャーを助けてしまっているだけでしょう。
打率を上げるためにも、コース、球種ごとの狙い球を絞ってみましょう。

PS
まずは自分の苦手、得意なコースを知るためにも単純な打率を追うのではなく、打席ごとに打ったコースや球種を把握しておき、コース、球種別の打率を出してみましょう。

あなたの野球能力は全国何位?

◯個人のレベルアップに
身長や体重、球速やスイングスピード
さらにはプレー動画のリンクなどの選手情報を登録することで全国の平均値とあなたの能力を比較することができ長所や短所を知ることができます

◯チームで活用
チームで登録すればチーム内順位も表示することが可能
チーム内競争を高めるためにご活用してください

◯システムは無料
今すぐ登録をしてあなたの実力を野球界にアピールしよう!

前の記事

フォームの変化