ピッチャーとして必要な能力とは?part1



こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

今回はピッチャーにとって必要な
能力についてお伝えをしていきます。

ピッチャーにとって必要な能力は
いくつかあります。
まず一つ目は
球速です。

やはりピッチャーとして
真っ先に思いつく能力の一つは
球速だと思います。
ピッチャーとして球が速い
ということは魅力的です。

球速が全てではありませんが
それでもある程度の球速がなければ
バッターを抑えることは難しいでしょう。

球速を上げるために大切なことは力を
出しやすい効率的なフォームを
習得することも大切ですが、
それと同じくらい大切なことは
瞬発力を鍛えることです。

速い球を投げるためには
瞬間的に一点に力を発揮する
必要があります。
その力がまさに瞬発力なのです。

瞬発力を高めるためには
ダッシュ系のトレーニングが有効です。
特にダッシュをするときに気をつけて
欲しいことは常に地面に着地している
時間を短くすることです。

地面に着地してからゆっくり大きな力を
出しても瞬発力が鍛えられることはありません。
瞬発力を鍛えるという明確な目標を持って
トレーニングに励みましょう。

ダッシュ以外にも瞬発力を鍛えるための
メニューはたくさんあります。
その一つとして是非実践してもらいたい
のがスクワットジャンプです。

スクワットの姿勢を作りその場で
高くジャンプを行います。
この時も地面に着地してからすぐに
ジャンプをすることを心がけましょう。

2つ目に必要な能力はコントロールです。
いくら球が速くてもどんなにすごい変化球を
持っていてもストライクが入らなければ
試合にはなりません。

またストライクが入ったとしても
コントロールが甘ければ
例え150kmを投げられたとしても
簡単に打たれてしまうのが
現代野球のレベルです。
しかし球速が遅くても際どいコースへ
ストレートや変化球を投げ分ける能力
ストライクからボールへの投げ分ける能力が
あればバッターを抑えることはできるでしょう。

コントロールを磨くために必要なことは
下半身の使い方です。
人間はどうしても上半身の方が器用に
動かすことができるため
手先や指先でのコントロールをしてしまいがちです。

ですが,その上半身は下半身という
土台の上にあるため下半身が不安定
であればあるほど上半身だけの
コントロールは効かなくなってしまいます。

だからこそ下半身の使い方を
磨きあげ安定したフォームを作り上げましょう。
下半身のフォームで特に注意していただきたい
ポイントを1つお伝えします。
それは前足の使い方です。
前足の膝がつま先よりも
前に出ないようにしましょう。
つま先よりも前に膝が出てしまうと
上半身も含め体が前に突っ込んでいってしまいます。

その結果コントロールが
乱れやすくなるので必ず膝が前に
出ないように気をつけましょう。

次回もピッチャーに必要な能力についてお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です