正しい走り方を行うために


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は効率の良い正しい走り方を
習得することが
身体の使い方を上手くさせ
効率の良いピッチングフォームや
効率の良いバッティングフォームの
習得に繋がるということをお伝えしていきました。

 

今回は具体的にどのような
意識でダッシュを行えば
効率の良い走り方となっていくのかを
お伝えしていきます。

 

まず一つ目に
意識をして欲しいことは
走る際の姿勢です。

 

野球選手はよく低い姿勢を
取るように指導をされますが
多くの選手がこの時
頭をお辞儀するように下げて
前傾姿勢をとります。

 

この様に無理やり前傾姿勢をとってしまうと
背中が丸まってしまいます。

その結果
体幹が抜けやすく
力が上手く伝わらないので
気をつけましょう。

 

正しい姿勢は
骨盤が前傾され
体幹が抜けない様に背筋が伸びています。

 

次に意識して欲しいことは
股関節と肩甲骨の
可動範囲です。

 

野球をする上では
この肩甲骨と股関節の使い方は
とても重要になってきます。

走り方においても
この肩甲骨と股関節を意識することが
大切です。

 

まず股関節は
可動域を広げる様に走りましょう。
特に前側の股関節の動きをよくするために
なるべく高く足をあげる様にしましょう。

 

この時も背中が丸まってしまわない様に
背筋を伸ばすことを意識します。

 

次に肩甲骨ですが
こちらも可動範囲を広げるために
腕を振るようにしましょう。

 

また腕を振るときは進行方向に
推進力が働くようにまっすぐ振るようにしましょう。

 

そうすることで
ストライドも長くなり
走りに伸びが出てきます。

 

最後に意識をして欲しいのは
反力です。

 

反力とは簡単にいうと
地面から跳ね返ってくる力です。

 

効率よく走るにはこの反力がとても重要です。
着地するときに地面に強い力を加えることで
地面から反力を得ることができます。

 

その反力が地面を強く踏み込む力に代わり
走る力になっていきます。

 

感覚でいうと
縄跳びのように地面を
跳ねるイメージです。

 

なるべく足を着地させてから
跳ねるまでの時間を短くすることで
素早く効率よく地面を蹴ることができます。

 

この反力をしっかりと受け取るためにも
最初に話した
姿勢は重要になるので
注意しましょう。

反力はピッチングでもバッティングでも守備でも
とても重要な力です。

 

走りながらいかに地面から力を得るか
ということを頭に入れてダッシュを
行なっていきましょう。

 

他にも意識をしなければ
いけないところはたくさんありますが
まずはこの3点を今日の練習から意識をして
ダッシュ系のメニューに取り組んでみてください。

 

1ヶ月後、2ヶ月後
少しづつ体に変化が
見えてくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です