バッティングの基本・上から叩けとは?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球のバッティングでは
よくこのようなことが言われます。

 

「上から叩け!」

 

あなたも一度は言われたことが
あるのではないでしょうか?

 

基本中の基本として
言われるこの言葉ですが
実際にはどういう意味なのでしょうか?

 

今回はこの「上から叩け」ということについて
お伝えしていきたいと思います。

 

まず押さえておいていただきたいのは
上から叩けというのは
あくまでも感覚的な表現による
指導ということです。

 

実際にボールをバットで
上から叩いて打ってしまうと
打球は全てゴロになってしまいます。

 

また上から叩くということは
上から下にバットの軌道を出していくので
ピッチャーが投げたボールとの
接点が少なくなり
ミート率が低くなってしまいます。

 

このように
実際に上からボールを
叩いて打ってしまうと
良いバッティングを
することはできません。

 

つまり上から叩けとは
実際に上からボールを叩いて
打つのではなく
あくまで
「上から叩くイメージで打て」
という意味なのです。

 

その理由は色々とあります。

 

その一つが
アッパースイングを防ぐ
効果があることです。

 

アッパースイングを
具体的に表すと
トップからインパクトに移行する時に
グリップよりもヘッドが下にある状態です。

一般的には
アッパースイングは
よくないものとして言われます。

 

それはバットが遠回り
をしてしまうため
ミート率が下がることと
ボールに当たっても
打球がドライブ回転をしてしまい
飛距離が伸びなくなるからです。

 

最近では
フライボール革命など
バットを下から出した方が良い
とされていますが
それはあくまでもボールに当たる瞬間であり
アッパースイングのイメージがある
柳田選手でもトップからインパクトに移行する
瞬間はヘッドの方がグリップより高くなっています。

このマイナスな意味での
アッパースイングになってしまう
原因はバットのグリップ側よりも
ヘッド側の方が重いことにあります。

 

力を入れずにスイングをすれば
重たい方が下に落ちていってしまうので
ヘッドが下にいってしまいます。
その結果アッパースイングになってしまうのです。

 

特に野球を始めたばかりの小学生は
体の力がまだ弱いためヘッドの重みに
耐えきれずにヘッドが下がってしまい
アッパースイングになりやすくなってしまいます。

 

だからこそ
それを防ぐために
「上から叩け」と指導をするのです。

 

上から叩いたイメージで
スイングをしようとすると
ヘッドの重さを上手く使うことができ
綺麗な軌道でスイングをすることが
できるようになってきます。

もし今あなたが
このように「上から叩け」という指導を
受けているのであれば
こうした理由があるということを
理解しておきましょう。

 

そうしなければ
上から叩けという指導を
そのまま実践してしまい
ゴロばかりを打つ練習をしてしまうかも
しれません。

 

あくまでも「上から叩くイメージ」ということを
頭に入れておきましょう。

チーム出張解析

“バッティングの基本・上から叩けとは?” への1件の返信

  1. 抜群の解説です。ただ単に言葉の意味を教えるだけでなく、何故そうなのかをわかりやすく説明されている。エクセレンス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です