「下半身を使え」なぜ言われるのか?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球をやっていると
一度は「下半身を使え」という言葉を
聞いたり言ったりしたことがあると思います。

 

実際に下半身を
使わないでプレーをすることは
できないので

 

ここでいう下半身を使えというのは
下半身の力を効率よく使い
パフォーマンスを上げろ
という意味です。

 

ほとんどの選手が
この下半身を上手く使えていないため
このような言葉を言われてしまいます。

 

ではどうして下半身を上手く使うことが
重要なのでしょうか?

 

下半身が重要と言われるのには
理由があります。

 

それは
上半身よりも下半身の方が
圧倒的に筋肉の量が
多いからです。

 

一般的に
全身の筋肉量を100%とすると
上半身の筋肉量は30%
下半身の筋肉量は70%と言われています。

 

また、
普段立っている時は
体を下半身が全て支えています。
おそらく半日以上立っていることもできるでしょう。

 

しかし、逆立ちをして上半身で
体全身を支えるとしたらどうでしょうか?
おそらく壁に寄りかかったとしても
5分も持たないのではないでしょうか?

 

これだけ差があれば
下半身の筋肉を使う方が
いいということが想像できると思います。

 

しかしながら
どうしても
野球をしていると
上半身ばかりを使ってしまいます。

 

その理由は
上半身の方が
体を操作しやすいことと
ボールやバットは上半身で扱うからです。

 

ボールを投げようとしたり
バットを振ろうとすれば
どうしてもボールやバットを
持っている手に意識が集中してしまいます。

 

さらに何か作業をする時に
足を使う人がいないように
人間は手先の方が圧倒的に器用で
体の操作をしやすくなっています。
その結果
上半身ばかりを使ってしまうのです。

 

ですが冒頭でもお伝えした通り
下半身を効率よく使わなければ
少ない筋肉しか使うことができません。

 

同じような体格の選手でも
投げる球が速かったり
打球が遠くへ飛んだりする選手は
下半身を効率よく
使うことができているのでしょう。

 

このような理由が
あるからこそ指導者は選手に
「下半身を使え」ということを
伝えるのです。

 

ではどのように
下半身を使えばいいのでしょうか?
下半身を使うコツを掴む方法をお伝えします。

 

下半身の力を効率よく引き出すためには
まず何か重たいものを両手で持ち上げて
みましょう。

 

その時にまずは
両足を揃えてものを持ち上げてみます。
その次に両足を肩幅以上に広げて
ものを持ち上げてみましょう。

 

どちらが簡単に持ち上げることが
できるでしょうか?
またどのような体勢を作れば
もっと簡単に持ち上げられるでしょうか?
ぜひ色々と試してみて
下半身を使うコツを掴んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です