目の前の勝利と選手の成長


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

いよいよ夏の最大のイベントである
甲子園をかけた予選の組み合わせが
各地で決まってきました。

 

高校生はこの大会のために
厳しい練習をしてきたと言ってもいいでしょう。

 

また高校生だけでなく
小学生や中学生も自分もいつか
甲子園に出たいという気持ちで
練習をしていると思います。

 

野球界だけでなく
日本のスポーツ全体をみても
甲子園ほど全国が盛り上がる
イベントもなかなかありません。
まさに夏の風物詩と言えるものでしょう。

 

それだけ
注目度が高いということもあり
甲子園を野球をやる上での
目標と捉えている選手
親御さんもとても多いのではないでしょうか?

 

しかし、ここで注意をしなければ
いけないことがあります。

 

それは目の前の勝利と成長のバランスです。

高校野球ですと
大会は大きく分けて
秋、春、そして夏の3大会です。

 

これは少年野球や中学野球と比べると
とても少ないです。

 

そのため大会がない期間は時間をかけて
色々な練習をすることができます。

 

もちろん練習試合も勝つに越したことは
ありませんが勝利を優先する必要はないので
色々なことが試せるでしょう。
また試合は土日に行われるため
平日はたっぷりと練習をすることができます。

 

では小学生や中学生のように土日だけの
練習で大会もたくさんあったらどうでしょう。

 

今週も来週も試合、
負けても次の大会がすぐに始まる
このようなことも多いと思います。

 

もちろん試合をすることでしか得られない
経験や成長はたくさんあります。

 

しかし、その目の前の試合の勝利を
優先するあまり練習が中途半端になってしまう
ということが一番危険なのです。

 

例えば
・フォームを改善したいけど
    来週は試合だからこのままにしておこう
・試合が続くから今週は調整に当てよう
などなど

 

試合に向けたこうした考えも大切ですが
大会に勝ち進めば試合は続き
負けてもすぐに次の大会が始まるとなってしまうと
勝利を優先するあまり自身の成長に臆病になり
成長のための練習ができなくなってしまいます。

 

指導者だけでなく選手からすれば
「もし今フォームを改善しようとして
フォームを崩してしまい
試合で活躍できなかったらレギュラーを
外されてしまうかもしれない」
といった不安もあるでしょう。

 

しかしそうした考えのままでは
いつまでたっても現状維持のままで
成長をしていくことはできません。

 

最初に話したように
もし目指している場所が
高校の夏の甲子園であれば
そこに向けた練習をしていくことが
大切です。

 

また甲子園を通過点と考えていて
その先のプロ野球を目指しているのであれば
高校野球でも勝利にとらわれる
必要はないのかもしれません。

 

最近では甲子園で連投した選手が
怪我をしてしまうということもあり
エース1人だけに頼るのではなく
投手を2枚3枚用意して大会に臨むチームも
増えてきました。

 

勝利を目指すことは野球を
する上では大切なことです。

 

ですが目の前の1勝にこだわりすぎていると
長い目で見たとき選手にとっては
マイナスになってしまうということも、、

 

もし今試合に勝つことだけを考えてしまい
成長のための練習ができていない
と感じているのであれば
成長するためにはどうしたらいいのか?
ということを長期的な視点で考え
試合に対する考え方を
改める必要があるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です