小学生には〇〇をさせるべき?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球を最初に始めるのは
ほとんどの選手が小学校時代から
だと思います。

 

はじめのうちは
覚えること多く
なかなか上手くいかないことが
たくさんあると思います。

 

だからこそ練習をしているのですが
実は小学生のうちは
野球のために毎日毎日野球だけを
練習をしてしまうとあまりよくはないのです。

 

それはまずは基本的な
体を動かす能力
備わっていないからです。

 

体の運動神経が
発達していないにも関わらず
野球の練習だけをしてしまうと
そのまま運動神経が成長しないまま
体だけが大きくなってしまい
よく言われる「不器用な選手」
なってしまいます。

 

「運動神経抜群」
そう言われる人は
どんなスポーツをやったとしても
それほど練習をしなくても
ある程度経験者の見よう見まねで
プレーができてしまいます。

 

それは体を動かす能力が
他の人と比べて優れているからです。

 

そうした運動神経が
備わっているからこそ
練習をすることによって
さらに野球が上手くなっていくのです。

 

ではなぜ
野球ばかりをしていると
運動神経が上がらないのでしょうか?

 

それは野球が他のスポーツよりも
道具を使うスポーツだからです。

グローブやボール
そしてバットなど
プレーの中でたくさんの
道具を使って行われるのが
野球です。

 

他の競技を見てみると
サッカーやバレーボールは
基本的にはボールのみ
テニスや卓球はボールとラケット

 

このように野球は他競技に比べると
少しだけ道具を多く使うスポーツであるといえます。

 

道具を使うということは
道具の分だけプレーに重さが
加わります。

 

実はここに問題があるのです。

 

体が小さいうちというのは
筋力も低いため
重い道具を扱うことが苦手です。

 

それでも
なんとかバットなどを操ろうとしますが
逆に操られているような形になってしまいます。

 

それは道具を動かすことに
集中するあまり全身を使わずに
道具に触れている腕や手だけを
動かしてしまっているからです。

 

運動神経というのは
体全身のバランスや連動を
スムーズに行わせるものです。

 

しかしこのように
手先だけを動かしていても
運動神経は上がっていかないでしょう。

 

例を出して考えて見ましょう。
サッカーの場合
ボールを追いかける時に
全身を使って走ると思います。

 

野球の場合は
守備でボールを追いかける時
初心者はだいたいボールを
グローブで掴みたいため
全身を使って走らずに
グローブを出して腕を強く振らないまま
走ってしまう選手をよく見かけませんか?
これでは全身の運動にはなりません。

 

またグローブはどちらかという
軽い方ですが
バットのように重いものとなると
さらに全身を使わなくなる
傾向にあります。

 

バットを出すことに集中するあまり
下半身や上半身が全く動かずに
腕だけで打ってしまう
いわゆる手打ちが初心者に多いのは
このためです。

 

テニスや卓球または
バドミントンは野球と同じように
ボールやシャトルを道具で
打ち返す競技ですが
バットに比べるとラケットは軽いため
操作がしやすいです。

 

そのため手先だけにならずに
体全身を上手く使うことが
できます。

 

また
サッカーなどは道具を
使わずにボールを
自分の足で蹴ります。
これはもちろん自分の足なので
操作がしやすいはずです。

 

また走りながらボールを蹴るので
何も気にしなくても全身を使って
ボールを蹴ろうとするはずです。

 

こうして考えると
運動神経をあげようと
思ったら野球だけをしていては
まずいと気づいたはずです。

特に運動神経は
ゴールデンエイジと言われる
小学生の時期までに
大きく成長していきます。

 

なので大きくなってから
運動神経をあげようと思っても
なかなか上手くは上がらないのです。

 

運動神経を小学生のうちに
あげておきたいと思うのであれば
ぜひ全身を使うような
他のスポーツをやる時間も
一週間のうちに少しでも
作っておくといいかもしれませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です