初心者へキャッチボールの意識について(スローイング編)


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは
普段どのような
キャッチボールを行なっていますか?

 

キャッチボールが大事だということは
よく言われることだとは思いますが
ではキャッチボールをする上で
どのようなことに注意をしなければ
いけないのでしょうか?

今回は野球を始めたばかりの選手へ
キャッチボールで注意すべきことを
お伝えしていきます。

 

キャッチボールで注意すべきことは
たくさんあります。
この意識を怠ってしまうと
選手として大きな差が生まれてしまいます。
なぜならばキャッチボールというのは
野球を続けて行く以上プロになっても

毎回必ず行う練習だからです。

 

このキャッチボールの意識を
最初の段階で
間違ってしまうと
そのまま間違った練習を毎回続けて行く
ことになってしまうので
ここでしっかりと
覚えていきましょう。

 

まず投げる時に注意したいのが
投げるボールの目標と高さです

 

ボールを投げる時
ただなんとなく
相手に向かって
投げていませんか?
それではキャッチボールをやる
意味は半減してしまいます。

しっかりと相手のどこを狙って投げるのか
それを意識しながら
毎回ボールを
投げるようにしましょう。
そうすることで
どのようにしたら
毎回同じところに
ボールが行くのかを
ボールを投げるたびに
何回も確認することができます。
ただの肩慣らしで終わらないためにも
この意識は続けましょう。

 

またボールの高さですが
最初のうちはボールを投げることで
精一杯かもしれませんが
少し投げることに慣れが出てくると
遠くに投げたいという余裕が生まれてきます。

 

この時に注意したいのが
ボールの高さです。
ボールの高さはなるべく山なりにならないように
目線の高さから自分の身長より
少し高いぐらいに
しておきましょう。

 

遠くに投げるには
山なりのボールの方が
良いのですが遠くに投げようとするあまり
山なりのボールばかり投げてしまうと
肩肘に負担がかかりやすいだけでなく
間違ったフォームを身につける
元にも
なってしまうので極力控えましょう。

 

また実戦ではほとんど
ボールを山なりに
送球することはありません。

 

早い段階から実戦を見据えるためにも
速くて低い送球を心がけましょう。

 

次回は捕球編についてお伝えしていきます!

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です