野球 先発の役割とは?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

プロ野球において、エースが完投する試合は少なくなり、複数の投手による分業制が進んでいます。
アマチュア野球の場合も、球数制限などの問題から、分業とまでは行かないかもしれませんが、継投策を取らざるを得なくなってくるでしょう。

投手それぞれの特徴から、先発・中継ぎ・抑えを考えるとき、どのようなことに目を向けるべきでしょうか。

今回はまず先発投手に求められることを考えます。

先発投手は、1イニング目から投げる最初の投手です。そのため”試合を作る”ことが求められます。
試合を作るとは、定義は難しいですが、ある程度のイニングを少ない失点で抑えて、自分のチームが勝てるような状態を作り出すことだとされています。

そういった意味で、最近よく言われるQS(クオリティースタート)をすることができれば、先発として十分な役割を果たせていると言えるでしょう。クオリティースタートとは、6回を投げて、かつ自責点3点以下に相手を抑えることです。

このような状態を作ることができていれば、最大でも得点差は3点なので、終盤ワンチャンスでの逆転が十分に考えられるでしょう。
逆に序盤から失点が多くなり、4点差5点差をつけられてしまうと、試合展開はとてもきつくなります。攻撃側の作戦の幅が、狭められるからです。

例えばノーアウトランナー一塁の場面で考えられる一般的作戦は、
バント
盗塁
エンドラン

などたくさんありますが、点差がついた場合、そうした作戦が取りづらくなります。一点を奪うよりも大量得点で追いつく必要があるので、打って繋いでいくしかなくなっていくのです。これでは点を取ることは難しくなりますし、逆に相手は得点差がついたことで、様々な作戦を使いやすくなり、さらに得点を重ねていきます。

これが試合を作れなかった場合です。

こうしたことから考えると、先発投手として求められることは、

1. 自滅をしない制球力
2. 相手に打たれづらいボール(球速や変化球)
3. 5イニング以上を投げられるスタミナ
4. フィールディングなど総合力

などが挙げられます。

つまり総合力の一番高いピッチャーが、先発にふさわしいということです。
対戦相手によって、奇策をとり、先発を変えるケースもありますが、基本的には一番いいピッチャーが先発をするのが良いでしょう。

もしあなたが先発をしたいのであれば、先に挙げた4点を磨き上げるのことだと思います。

次回は中継ぎ投手に求められることをお伝えしていきます。

あなたの野球能力は全国何位?

◯個人のレベルアップに
身長や体重、球速やスイングスピード
さらにはプレー動画のリンクなどの選手情報を登録することで全国の平均値とあなたの能力を比較することができ長所や短所を知ることができます

◯チームで活用
チームで登録すればチーム内順位も表示することが可能
チーム内競争を高めるためにご活用してください

◯システムは無料
今すぐ登録をしてあなたの実力を野球界にアピールしよう!