2018年を振り返って

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

今年も残すところあと1日となりました。
2018年はBASEBALL FUTUREとして活動を開始し、様々な方にお会いさせていただきました。
ここで少し振り返っていきたいと思います。

まず、3月に母校である法政大学にお伺いさせていただきました。
また同時に何人かの選手を撮影させていていただき、動作解析も実施しました。


法政大学は春季リーグでは、惜しくも優勝を逃してしまいましたが、秋季リーグでは見事
雪辱を果たし、実に6年ぶりの東京六大学優勝を達成しました。

同じく3月東京ヤクルトスワローズの激励会に参加させていただきました。



ここでは法政大学野球部の1学年後輩に当たる西浦直亨選手にお会いすることができました。
このあとイースタンリーグの試合も観戦させていただき、動画を撮影させていただきました。

西浦選手は、今シーズン2軍で開幕を迎えましたが、1軍に昇格すると結果を残し続け、終わってみれば138試合に出場し、打率.242。さらには自身初の二桁本塁打をマークし、見事ショートのレギュラーを掴み取りました。来シーズンの活躍も楽しみです。

6月には私がスタッフを務める狛江ボーイズが、西東京支部を勝ち抜き、18年ぶりの全国大会出場を達成してくれました。


全国大会では残念ながら一回戦で敗れてしまいましたが、この悔しさを胸に次のステージに上がっても活躍をしてほしと思います。

またその狛江ボーイズの卒団生に当たる二人の現役選手にもお会いし、動作解析をさせていただく機会がありました。
一人目は
アサヒトラスト女子野球部の
清水美佑選手


↑女子野球日本代表として2018年W杯連覇に貢献

二人目は勝又温史選手。
勝又選手には4月ごろ動作解析をさせていただき、その後数回サポートをさせていただきました。

勝又選手は日大鶴ヶ丘高校のエースとして、夏の高校野球西東京大会で決勝まで進みましたが、惜しくも決勝で日大三高に敗れてしまいました。
しかし2018年のドラフト会議にて、横浜DeNAベイスターズから4位で指名され、来年からは
プロの世界で戦うこととなりました。狛江ボーイズからは初のプロ野球選手の誕生となりました。是非ともプロの世界でも活躍をしていただきたいと思います。


その他にも様々な選手、チームを訪問し、サポートをさせていただきました。
日本学園高校
法政大高校
新宿高校
東京経済大学
オール麻布
昭和第一学園
などなど

法政高校

新宿高校



日本学園


昭和第一学園

横浜DeNA三嶋投手

来年も引き続き野球選手のサポートを通じて、一人でも多くの選手の活躍と成長に貢献していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

あなたの野球能力は全国何位?

◯個人のレベルアップに
身長や体重、球速やスイングスピード
さらにはプレー動画のリンクなどの選手情報を登録することで全国の平均値とあなたの能力を比較することができ長所や短所を知ることができます

◯チームで活用
チームで登録すればチーム内順位も表示することが可能
チーム内競争を高めるためにご活用してください

◯システムは無料
今すぐ登録をしてあなたの実力を野球界にアピールしよう!