2019ドラフト指名選手のフォームの気になるポイント〜投手編②〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

昨日に引き続き今日も
ドラフト指名された投手の
フォームについて解説していきます。

オリックス1位指名
宮城投手

宮城投手は150kmに迫る
直球とキレのいいスライダーや
チェンジアップが魅力の左投手です。

この投手は非常にフォームが綺麗で
現段階でほとんど出来上がっていると
言えると思います。
強いて気になるところをあげるのであれば
足を上げてから前足を伸ばして踏み出していき
胸を張る動作があります。

この動作が少し短く
「間」がありません。
もちろんこの短い間がバッターのタイミングを
狂わせることもありますが
そうした特徴のある選手は
ショートイニングのリリーフピッチャーに多く
ワンポイントでの起用に限られてしまいます。

先発として長いイニングを投げる投手は
ここの「間」でうまく脱力をしており
その脱力からリリースで一気に力を発揮することで
バッターからすると球速以上のキレを
感じるようになります。

制球が磨かれれば
今のままでも十分通用すると思いますが
宮城投手がこれからどのような
投手に成長していくか楽しみですね。

続いて
阪神1位指名の
西投手

西投手は体の強さがあり
躍動感のあるフォームから
150kmを超えるストレートと
鋭いスライダーが持ち味の
投手です。
甲子園ではガッツポーズが
話題となりました。

高校日本代表としても
大活躍でしたが
気になるのは
勢いのありすぎるフォームです。
躍動感が魅力的ではありますが
力いっぱいに投げるあまり
体重移動や体の動きが
不十分に終わっている印象です。

特にリリースでは強く頭を振っており
毎回被っている帽子が飛んでしまう程です。

プロ野球選手とリリースを
比較してみると
頭が一塁側に傾き少し
苦しい形でボールを投げていることが
分かります。

首回りは神経回路の通り道で
脳からの指令を体全体に送る
部分でもあります。
こうした苦しい体勢で
投げることによりその神経回路が
正常に働かずリリースで思ったような
力を発揮できない可能性があります。

このように頭を振ってしまう選手は
思いっきりボールを投げようとするうちに
癖になってしまったか
体幹が弱いことで正常な位置に
頭を維持することができずに
頭の位置がブレてしまうかです。

西選手の場合はこのどちらに
当たるかは分かりませんが
どのように変化していくのか
追っていくのも面白いと思います。

最後にロッテ1位指名の
佐々木投手です。

佐々木投手に関しては
フォームで気になる点は
ほとんど見当たりません。

ただフォームとは繊細なもので
少し変えたつもりが色々なところが
変わってしまい気づけば
修復不能なほど崩れてしまうことも
あります。

今シーズン西武から引退した
大石投手もその一人でした。
大石投手は早稲田大学から
ドラフト会議で6球団からの指名を受け
最終的に西武が交渉権を獲得しました。
大学時代はダイナミックなフォームから
MAX155kmの直球を武器に
「わかってても当たらないストレート」を
投げていました。

しかしプロに入ると早々に怪我をしてしまい
復帰した後もその後遺症で
フォームが崩れてしまい150kmを超える球を
投げることはとうとうありませんでした。
個人的には背中側に入るテイクバックが
特徴的でそのテイクバックのタイミングが
怪我により掴めなくなりフォームを修正できなかった
ように思います。

これは藤浪投手も同様かもしれません
藤浪投手は一年目から活躍をしましたが
近年は制球難に苦しみ
フォームを見失っています。
藤浪投手もテイクバックが大きいことが
特徴的ですがそのタイミングを掴めていない
ように思います。

それに関係がありそうなのが
この骨盤の後傾です
大石投手も藤浪投手も
よかった時に比べると
骨盤が後傾してしまっており
それに伴ってテイクバックのタイミングが
崩れているように思います。

 

現在ソフトバンクに在籍する
2016年のドラフトで5球団から指名を受けた
田中正義投手も同じように
大きいテイクバックが特徴的で
大学時代のテイクバックのタイミングを
見失いくすぶっているように感じます。

佐々木投手の場合もやや
ダイナミックなフォームで
テイクバックが大きいことが特徴的です。

現在のままのフォームで自信を
持って投げ続けていき
体を壊すことがなければ
そのまま活躍ができとんでもない
投手になる可能性を秘めていますが
怪我や制球に苦しみ
フォームに悩んでしまうと修正がきかない
タイプかもしれません。

いずれにしても
フォームは繊細なものであり
プロ野球のコーチといえど
簡単に矯正することは危険だと
言われています。

理想は自分自身が納得し
頭の中でイメージした理想の
フォームを無理なく体が自然に
投げられることです。

今回紹介した選手たちは
誰が見てもトップスターになる
実力や可能性を秘めているので
そのまま成長をしていって欲しいと思います。

PS.当然このままのフォームでも
十分活躍する可能性はあるので
個人的には壁にぶつかるまでは
そのまま見守っていくことが良いと
思っています。

あたなのフォームもチェックしてみませんか↓
ピッチング強化レッスン

水曜日 依田徹平先生の「野球ピッチングトレーニング+動作解析」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です