打席での工夫とは?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

高校野球も各地で秋季大会が
終盤戦となり春のセンバツ出場に向けて
熱戦が繰り広げられています。

そうした中
BASEBALL FUTUREとして
動作解析のサポートを行なっている
日本学園高校がベスト16へと
勝ち上がりました。

ベスト8をかけた
強豪創価高校戦では
悔しいコールド負けとなってしまいましたが
選手たちは新チームで良い経験を
積むことができたと思います。

さてこうした高校野球は
プロ野球や大学野球などの
拮抗した力を持つチーム同士の
リーグ戦ではなく
たくさんの参加チームの中で
一発勝負のトーナメント形式で
大会が行われます。

これにより戦う相手の力は
勝ち上がることに上がっていき
ベスト16やベスト8までくる頃には
どこと戦っても厳しい勝負となることでしょう。

そうなってくると当然ながら
対戦する投手のレベルも
上がっていきます。
くじ運にによっては初戦や二回戦ぐらいまで
チームの打力が相手投手のレベルを
上回っていればコールドで勝ち進むことも
できるでしょう。

しかし勝ち進んだ先で
レベルの高いピッチャーと対戦した時
初戦や二回戦と同じような戦い方を
してしまうと全く歯が立たないということも
あり得るでしょう。

そうした時に
やらなければいけないことは
「打席での工夫」です。
もちろん個人レベルでは
力関係的に相手投手に勝てるという
選手もいると思います。

しかし自分の力と
相手投手の力を冷静に分析した結果
自分が劣っていると感じれば
それを補うための工夫をする必要があります。

では具体的にどのような
工夫をすべきでしょうか?

まずは簡単な方法として
グリップを一握り分短く持つ
これによりバットは出やすくなり
速球などへの対応力は上がっていきます。

短くすることに抵抗がある選手も
いるかもしれませんが
プロ野球選手でも短く持つ選手もいます。
また長く持って凡退するくらいなら
短く持ってヒットを打った方が確実に
選手としての評価は高まるでしょう。

実際に打席に立ってみて
長く持ったらミートできないと思ったら
短く持つようにしてみましょう。

次に球種を絞ることです。
レベルの高いピッチャーを相手にするほど
全てのボールに合わせることは難しくなります。
であればどれか打てそうな球種を一つ絞り
それに合わせて思いっきりスイングをする方が
ヒットの確率は高くなるでしょう。

高校生の場合変化球の
球種も少ないのでヤマを張っていれば
一試合の中で数球は狙い通りの打てる球が
くるはずです。その時に打ち損じないような
練習をしておきましょう。

球種を絞る上で参考にしてもらいたい
考え方が一つあります。
それは相手のシフトや自分の打席での
結果から次の球種を読み取る方法です。

例えば自分が左バッターで
相手のシフトがレフトよりに守っており
前進をしてきた場合
バッテリーのや守備の考えとしては
投手が打者に買っており引っ張る力はない
と思われています。

そうした場合わざわざ変化球を使ってくることは
考えずらくまっすぐ中心となることでしょう。

またまっすぐに合わせてスイングをして
タイミングのあった空振りや
強いファールを打った場合
バッテリーとしては
「打者はまっすぐを張っているかも
引っ張る力がある」と考えます。

ということはよほど考えていない
バッテリーでなければ
勝負どころでは変化球を使ってくることが
予想されます。

こうした時はまっすぐをケアしつつも
変化球を待っておくことが得策でしょう。

このようにグリップを短くしたり
球種を予測することで投手との力の差を
埋めることができます。
レベルが上がれば上がるほど
真っ向勝負では勝てなくなるので
打席での工夫を覚えていきましょう。

PS,バッテリーとしては
相手打者が何を考えているのかを
探ることが重要になります。
球種を読んでくるタイプなのか?
決め打ちをしてくるタイプなのか?
コースを絞ってくるタイプか?
それとも何も考えていないバッターなのか?
これらを感じ取りそれぞれに合わせた配球を
することができると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です