戦力外通告後の選択肢


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日プロ野球各球団で
第一次戦力外通告が発表されました。

毎年レギュラーシーズンが終わった
この時期は戦力外選手の話題と
なります。

今年もベテラン選手から
若手の選手まで
実に数多くの選手が
戦力外通告を受けました。

戦力外となった選手には
今後いくつかの選択肢があります。

まず現役を続けるかどうか
という選択肢です。

現役を続ける場合
最も良いとされているのが
他球団からオファーを受けることです。
今の球団からは戦力外とみなされていても
他球団にとっては戦力となる可能性があります。

12球団合同トライアウトがシーズン後に
行われるのでそこに向けて調整をし
アピールをすることで他球団から
オファーがもらえることがあります。

またすでに実績があるという選手の場合は
あえてこのトライアウトには参加せず
他球団からオファーが来ることを待つ
という選択肢もあります。

しかしいずれにしても
プロ野球は厳しい世界であり
一度戦力外になってから
他球団からオファーがもらえる選手は
一握りでさらにオファーがもらえても
活躍ができなければまたすぐに
戦力外を受けてしまいます。

そうしたことは選手達が
一番理解しているため
トライアウトを今まで
関わってくれたファンや
家族に見せる最後の引退試合
として受ける選手も
多くいるようです。

現役を続けたい場合
NPBにこだわらなければ
最近では社会人野球や
独立リーグに戦いの場を
移すというケースも増えてきています。

社会人野球に行く場合は
その会社に就職することとなるので
社会人野球が終われば
そのままその会社に勤めることになり
給料も他の社員と同等であるため
家族がいる選手にとっては
ありがたい選択肢であると思います。
ただし社会人野球もレベルが高いため
オファーが来る可能性は高いとは言い切れません。

独立リーグに行くという選択は
やはりプロに比べれば給料は低くなり
就職をするわけではないので
もう一度NPBを目指したいという
若手や実績を残してきたベテランが
選ぶことが多いです。

近年だと
元オリックスの若手の佐藤世那投手が
NPB復帰を目指して独立リーグに移籍したり
巨人の村田選手や元メジャーリーガーの
西岡剛選手といったベテランが
独立リーグに移籍をしてNPB復帰を目指しました。

次に現役引退を選んだ場合です。
選手として大活躍をして実績を
残してきた選手の場合
球団の功労者として引退を
自らの意思で決め球団が
引退試合などの花道を用意することが
ありますが

戦力外となって引退せざるを得ない
ケースがこれにあたります。
こうしたケースになるのは
中堅の選手が多いですが
かなり若くして首を切られてしまう
というケースもあります。

中堅選手の場合は
自ら新たな就職先を見つけたり
よほど人柄がよく真面目な選手ですと
球団が裏方の仕事を作ってくれたりします。
(コーチや広報など)
もちろん人柄が悪いから球団に残れない
ということではありませんが
球団も全員を雇うことは難しく
さらにはやはり人間なので
練習態度が悪かったり
私生活に問題があるような
人間的に問題がある選手の場合は
球団が仕事を用意することはないでしょう。

ドラフトも近づいてきており
今年も200名近い選手が
プロ志望届を提出しました。

昨年は育成も含めて
104名がプロからの指名を受けて
プロ野球選手としてのスタートを切りました。

今年も100名近い選手が
指名されるとすれば
こうした戦力外通告があるのは
当然のことなのかもしれません。

一つ言えることは
プロに入ることがゴールなのではなく
活躍することが野球選手としての
ゴールであるということと
戦力外になったことで
野球選手としては終わりかもしれませんが
それはこれからの人生においては
ほんの一部分に過ぎないということです。

これからプロ野球を本気で
目指したいという選手はこうした
リスクがあるということを知った上で
覚悟を持って挑んでもらいたいと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です