新宿高校野球部訪問〜ラプソード測定〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日都立新宿高校の硬式野球部を
訪問させていただきました。

新宿高校は監督の
田久保先生と知り合いといこともあり
以前にも訪問させていただいたことが
ありました。

新宿高校は
新宿駅から5分ほどの場所にあり
まさに都会の真ん中にある学校です。
そんな学校の中で選手たちも
練習に取り組んでいます。

先日の秋季大会では
所詮は突破するものの
続く代表決定戦で惜しくも
敗戦してしまいこれから春に向けて
チーム力の底上げを図っていく
という段階です。

スタッフ陣は
昨年度に比べて
パワーアップしており
それに伴って野球部のレベルも
上がってきている様子でした。

一年前に訪問させていただいた
時と比べると練習の質も内容も
選手の野球に取り組む姿勢も
変化しており
着々と田久保先生による改革が
進んでいるという印象でした。

野球部を指導する
田久保先生、長井先生
さらには小幡コーチと全員が
新宿高校の出身ということもあり

チーム事情や学校の特徴や伝統を
熟知しておられるため
今後さらなる飛躍に期待がかかります。

当日私は投手陣の練習を
サポートさせていただきました。
ボールの回転数や回転軸などを
計測することができる
ラプソードを持ち込ませていただき
投手陣の球質を一人一人に
伝えていき解説をさせていただきました。

それぞれの球質の違いから
少しアドバイスを送ってあげると
次の一球では数値が大きく変わり
キャッチャーもその変化を感じ取っていたようです。

このように感覚と数値の融合は
選手の成長を大きく支えてくれる
武器となります。

せっかくの機会でしたので
監督、コーチからの提案で
投手だけでなくチーム全員の
球質をラプソードで測定させて
いただきました。

測定によりスタッフからは
意外な選手が良い球質であったり
予想外の球速であったりと
新たな発見があったようです。

こうした結果を踏まえて
今後どうしていくかが重要と
なります。

なぜならば一度測っただけでは
何にも変化はないからです。
結果を受けてどう改善していくのか?
また次にどのような目標を建てるのか?
これがとても大切になります。

これから10月に突入しますが
3月までの期間はとても長いです。
その長い期間に厳しい練習を
行いますが
長いゆえにモチベーションが薄れ
結果的に半年間で思ったような成長を
えられなかったというケースはよくあります。

この秋、投手力の不安により
一歩及ばなかったというチームは
この半年間だけでも球質に限らず
定期的に数値を計測することで
選手のモチベーションを高めることができ
それが結果に繋がることでしょう。

ぜひ何か目標をたてて
それに向けた練習を行ってみましょう。

新宿高校野球部のみなさん
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です