1人の時間が驚きの成果を生む〜自主練習の大切さ〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

練習量が大切とよく言われますが
あなたもただ練習をしていれば良い
とは思っていないと思います。

どんな練習をするのか?
なんのために練習をするのか?
どうやって練習をするのか?
その上でどれだけの時間を
練習するのか?
という話になってきます。

つまり長い時間をただだらだらと
練習していても効果が薄いということです。

さてではどのような
練習をすればいいのかというと
それは個人の課題や
個性やポジション、年齢や性別によっても
大きく変わってきます。

ただどんな選手でも共通して
言えるアドバイスがあります。
それは1人の時間を作る
ということです。

チーム練習ではなかなか
そういった時間はないかもしれませんが
全体練習が終わってからでも
家に帰ってからでも1人の時間を
取ることはできます。

そしてその1人の練習時間こそが
もっとも選手を成長させてくれる
時間でもあるのです。

ここである研究結果を
ご紹介いたします。

バイオリンのソリストを
3つのグループに分けました。

Aグループは世界レベルで
活躍できるソリスト
Bグループは世界レベルでないにしても
演奏者として生活ができるレベル
Cグループは演奏者としては活躍していないが
バイオリン教室の先生ができるレベル

この3つのグループを比べた時
実はその練習時間にそれほどの差は
見られなかったようです。

しかしながら決定的に違ったのが
上のレベルに近づくほど
個人練習の時間が多く
才能がない人ほど個人練習の
時間が少なかったのです。

つまり才能を得るためには
孤独の時間に耐える必要が
あるということです。

勉強などでも言えることですが
本当に頭のいい人は
自分1人で勉強ができます。
それはそのほうが効率が良いからです。

しかし、中途半端な成績しか
取れないような人は
一緒に集まって勉強をしたがります。
もちろん分からないことを
教え合っているという意見も
あるかもしれませんが
やはり効率的とは言えないでしょう。

これは野球の練習でも
当てはまります。
やはり上手い選手は
見えないところで練習を
しているといいます。

見えないところ
つまり1人で黙々と
自分の感覚を研ぎ澄まし
上手くなろうとしているわけです。

ランニングなどを見ても
下手な選手ほど集団になって
後ろの方を走っています。

上手い選手ほど
一人一人のベストのペースで
前を走っていきます。

こうした孤独に耐えながら
練習ができる選手は
たとえ同じ練習量をこなすにしても
差が出てしまいます。

もっというと孤独に練習ができない選手は
1人では練習ができないので
練習量も減ってしまうでしょう。

あなたも効率よく練習を
するためにも1人の時間を
作ってみませんか?

PS,もちろん野球の場合
1人ではできない練習もたくさんあります。
しかし工夫をすればいくらでも
1人の練習時間は作れるものです。
ピッチャーであればネットスロー
バッターであればスタンドティー
ランニングや体幹などのトレーニングは
もちろん1人でもできますよね。

こうした工夫をして取り組んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です