特殊なルール〜監督の選択権〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球のルールはとても複雑で、意外と知らないルールはたくさんあります。
このテーマについては以前にもご紹介しました。今回はその続編です。

インターフェアという言葉を、知っているでしょうか?
インターフェアは、妨害という意味で打撃妨害の時などに使われます。
たとえば打者がスイングをした時に、バットがキャッチャーミットに当たってしまうと、キャッチャーが打者を妨害したことになるので打撃妨害が適用され、打者は一塁へ行くことができます。

このルールを知っている人は多いと思いますが、以下の場合はどうすれば良いか知っていますか?

1死ランナー2.3塁。打者が打った打球がセカンドに転がり、2塁手は1塁へ送球しバッターランナーがアウト。この間に2塁ランナーは3塁へ3塁ランナーはホームへ生還しました。
しかしこの時、打者のバットがキャッチャーミットに当たっていたとして、一連のプレーのあと、主審が打撃妨害を宣告します。この時、走者の進塁ならびに生還は認められるでしょうか?それとも打撃妨害が適用され、1死満塁からのスタートとなるでしょうか?

・・・

実はこの場合、走者の進塁を優先するか、打撃妨害を適用するかは、攻撃側の監督に選択権が生まれるのです。
つまり通常通り打撃妨害としてランナーを満塁にすることも、バッターランナーをそのままセカンドゴロとし1死を認めて、1点を取り2死3塁からスタートさせることもできる、ということです。

おそらくこの場合、この選択権を知っていれば、1点がどうしても欲しければ1点を取りに行くでしょう。
逆に最終回で大量得点差で負けている場合は、打撃妨害を選択し、1死満塁から攻撃を続けることでしょう。

しかしこのルールを知らなかった場合どうでしょうか?どうしても欲しかったケースでは、その一点が入らず、そのまま打撃妨害が成立してします。1死満塁の場合チャンスではありますが、次打者で内野ゴロ、ダブルプレーの可能性があります。それよりは一点を確実に取りに行くことが得策でしょう。

監督の選択権が生まれるのには条件があります。
安打、失策、四死球、その他で打者走者が1塁に達し、他の全走者も1個以上の塁を得たとき、妨害とは関係なくプレーが続けられる。
つまりバッターランナーも含めて、ランナーが誰もアウトにならずに先の塁に進んだ場合は、打撃妨害とはならずにそのままプレーが続行されるというわけです。

今回のケースでいうと、セカンドゴロではなくセンター前ヒットであれば、無条件に打撃妨害は適用されず、そのままプレーを続けることになります。

かなり特殊なケースですが、知っておくとここぞという時に役にたつかもしれませんね。







 

あなたの野球能力は全国何位?

◯個人のレベルアップに
身長や体重、球速やスイングスピード
さらにはプレー動画のリンクなどの選手情報を登録することで全国の平均値とあなたの能力を比較することができ長所や短所を知ることができます

◯チームで活用
チームで登録すればチーム内順位も表示することが可能
チーム内競争を高めるためにご活用してください

◯システムは無料
今すぐ登録をしてあなたの実力を野球界にアピールしよう!