「バント」をすべき?「ヒッティング」をすべき?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

高校野球といえば「バント」
というイメージが以前はありましたが
最近のトレンドとして0死ランナー1塁でも
強行策のヒッティングを選択するケースが
増えてきました。

そうした背景には
MLBでは主流となってきた
2番バッターに最高の選手を
持ってくるというオーダーや
そもそも0死ランナー1塁では
ヒッティングを選択した方が
得点に繋がりやすいというデータが
出ているということもあると思います。

今年の甲子園を見ても
やはり大事な場面では
手堅くバントで送ってくる
ケースもありましたが
比較的バントのケースは少なかった
ように思います。

では実際のところ
0死1塁のケースでは
バントをすべきなのでしょうか?
それともヒッティングをするべき
なのでしょうか?

結論から言うと
その答えはチームの戦力次第
もっと言うと選手それぞれの
能力や戦況によって変わってくると思います。

チーム力はざっくり分類すると
打線が強いか弱いか
投手力が高いか低いか
に分けることができます。

打線が強く投手力が高い場合

打線がそもそも強い場合
0死1塁でバントを選択するのは
少しもったいないように感じます。
しかし投手力が高いチームの場合
失点の心配が少なければ

チャンスを広げて
信頼できるバッターに回せる
状況ならばバントを選択するのも
良いでしょう。
ただしこれはどうしても1点を
取りたい時に限ります。

例えば0-0の先制点を奪いたい場面
0-1のビハインドで早めに追いつきたい場面
相手の投手のレベルが高く連打が
難しい場面
こうした時はバントを選択する方が
結果的には良い流れを持ってくることが
できるでしょう。

もちろんこうした状況以外の場合
例えばリードを奪っている時などは
打線を信じて強行策を選んだ方が
チームの力を十分に発揮できそうです。

打線が強く投手力が低い場合

この場合もやはり大事な場面では
バントをしていきたいところですが
バントはそもそもアウトと引き換えに
ランナーを進めて1点を取りに行く
作戦です。つまり大量得点を狙う
作戦ではありません。

そのため投手力が低い場合は
失点の可能性が高いので
点の取り合いをする必要があり
バントという選択肢は取りづらく
なってくるのです。

つまりこの場合はヒッティングを
選んだ方が得点力を高めることができ
試合に勝つ可能性が高まるのです。

打線が弱い場合

この場合はそもそも
ヒッティングを選択しても
打率が低いので連打の可能性は
低くなっています。

そのためバントや進塁打
もしくは盗塁やエンドランなどを
絡めて1点をもぎ取っていく
スタイルを取らざるを得ないでしょう。

もしヒッティングを選択するならば
打線の核となる3,4番の打席のみ
ヒッティングにするという手もあります。

「バント」より「ヒッティング」だ
という考えが浸透してきましたが
1割台のバッターにヒッティングは出しづらく
トップレベルのピッチャーに対しても
ヒッティングは出しづらいものです。
このように考えてみると
結局見なければいけないことは
戦況や戦力や選手の能力であると
いえます。

トレンドを追うことも大事ですが
まずは冷静に戦力を分析してから
チームの方針を決めるようにしましょう。

ps.最近は打高投低と言われているので
強行策は取りやすく今後もこの流れは
続くと思いますが、やはり大事な場面では
バントを使うことも多いので
バントの練習は欠かさないでおきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です