少年野球チーム力向上のために必要なこと2


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回少年野球チームの
チーム力向上について
チーム力=勝率ではなく
選手の将来のための基盤を
作ってあげることが少年野球における
本当のチーム力であり勝利はその先に
勝手についてくるものだということを
お伝えしていきました。

今回はそのチーム力の具体策について
考えていきたいと思います。

まずチーム力をあげるために
少年野球の間に
これだけはやったほうが良いということを
挙げていきます。

1,ルールを覚える
2,走塁を磨く
3,全てのポジションを経験
4,運動神経を高める
5,怪我をしづらい体づくり
6,自主練習の習慣づくり

一つずつ解説をしていきます。

1,ルールを覚える
まず少年野球のうちに
やってほしいことは
ルールを覚えるということです。

・ポジションの理解
・どうやったらアウトを取れるのか?
・何が反則行為なのか?
・タッチアップ
・インフィールドフライ
・フェアとファール

こうした試合をする上での
最低限のルールを覚えることも
さることながら
プロ野球選手でも知らないような
ルールも調べるとたくさんあります。

こうした細かくマニアックな
ルールを知るということは
試合での余裕にも繋がり
さらに考えて野球を行う
きっかけにもなります。

そして何よりこうした
大人でも知らない知識を
知るということを子供はとても
喜びます。
こうした喜びを与えてあげることも
野球を続ける原動力に変わるので
ぜひ色々なルールを調べて
一緒に勉強してみてください。

ルールに関する過去のブログ↓

意外と知らない野球のルール1
http://baseball-future.com/2018/09/18/blog-9-18/

意外と知らない野球のルール2
http://baseball-future.com/2018/09/19/blog-9-19/

2,走塁を磨く
走塁の技術とは
足の速さのことではありませんが
少年野球の場合は
単純な走力と走塁技術の両方を
ある程度磨いておくべきです。

日本で野球をやっている以上は
走力はある程度重要視されます。
もちろん個人差はありますが
最初は遅いという選手も
体型の変化によって
平均以上に走れるようになることも
あります。

その時に備えて
小学生のうちに正しい走り方や
体の動きをマスターしておいてほしいと
思います。
もちろんここで過度なトレーニングで
足を速くしようとは思わないことです。
いきなり速くなることはないので
時間をかけて正しいフォームを
身につけさせてあげましょう。

そしてその上で走塁技術が大切です。
走塁技術とは自分の走力と相手の守備を
考慮してアウトにならずに先の塁を狙うことです。

・リードの取り方
・盗塁
・帰塁
・打球判断
・積極性

こうした技術は試合に出る上では
必須ですが試合経験が少なければ
塁に出る機会が少なくなるため
向上が見込めません。

そのためチーム内競争が
激しくなる前の少年野球の間に
基本的な走塁技術は身につけて
おいてほしいところです。

もちろん年代によって
守備力や走力も変化してくるので
状況判断の良し悪しは変わっていきますが
基本は変わることがないので
足が遅い選手でも走塁意識を
伝えてあげましょう。

3,全てのポジションを経験
少年野球において勝利を優先させれば
適材適所にポジションを与えて
選手自身も慣れたポジションで
固定することが一番でしょう。

しかしそれでは
選手それぞれの将来の可能性を
奪ってしまうことになります。

もちろん一つのポジションの専門性を
高めてあげることも大切ですが
少年野球の場合は少なくとも2〜3つの
ポジションを経験し
できれば全ポジションを経験してほしいと
思います。

そうした経験はすぐにはいきなくても
将来的には様々な選択肢を
選手に与えることに繋がり
他のポジションを経験することが
本職のポジションにもいきてきます。

またピッチャーに関しては
球数制限の問題もあり
今後ピッチャーの需要が
高まってくることが予想されます。

そのため野手と投手を
兼任できる選手は重宝される
ことでしょう。
そうした背景を考えると
小さいうちから様々な選手に
投手を経験させることが
その選手の将来性を
高めることに繋がり
投手を分担することで
1人の投手への負担も減らすことが
できます。

次回は残りの4〜6をお伝えしてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です