2019年 甲子園から考えるドラフトで注目すべき選手は〇〇


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日令和最初の
夏の甲子園が履正社高校の
優勝で幕を閉じました。

注目の奥川投手率いる
星稜高校も素晴らしい戦いを
みせましたが
最後は履正社の
「打倒奥川選手」への
執念がまさったように思います。

さて今年も盛り上がりをみせた
甲子園ですがやはりこの次は
ここで活躍した選手の内
一体誰が秋のドラフト会議で
指名されるかということだと思います。

もちろん甲子園に出場できなかった
選手の中にも注目選手がいたり
プロ志望届を出さずに進学や
その他の道を目指す有力選手も
いると思いますが
今回はあえて甲子園に出場した選手の
中でプロ野球球団が指名すべき
選手をご紹介したいと思います。

注目の投手

まずは何と言っても
今年一番の注目であった
奥川投手に指名が集まることでしょう。

甲子園が始まる前までは
大船渡高校の160km右腕
佐々木投手が注目を集めており
ナンバーワンの評価であったことでしょう。

しかしこの夏の奥川投手の
ピッチングは圧巻でした。
今までにも150kmを投げる
投手はたくさんいましたが
奥川投手はその中でも
ずば抜けて制球力に優れており
かつコンスタントに150km台を
連発していました。

最も衝撃的だったのは
智弁和歌山戦で延長14回を
23奪三振で投げ抜いた上に球数を
160球に抑えたことです。

通常三振を取れる投手は
空振りが多くなるため
バットに当たる確率が低く
球数が多くなります。

例えば初球を打ってもらい
アウトにできれば1球で1アウトを
取ることができますが
三振の場合最低でも3球を
投げる必要があるので
球数が多くなるのです。

しかしながら
奥川投手は状態もよかったためか
大会を通じて制球力に優れており
イニング平均では12球前後という
比較的少ない球数で相手を
抑え込んでいました。

これは今までの速球派投手の
イメージを覆すものであったでしょう。

ただ一点気になるのは
投球時の前足の使い方です。
前足の理想的な使い方は
着地して踏ん張る時に
膝をやや曲げた状態で
ランジのような形になることが
望ましいとされていますが
奥川投手はやや突っ張り気味に
なっているため
肩や肘にかかる負担が心配されます。

奥川投手の前足

浅尾投手の前足

理想的な前足の使い方

突っ張って投げるピッチャーの
例として元中日ドラゴンズの
浅尾投手が挙げられます。

浅尾投手も速球を投げる
ピッチャーとして
知られてしいましたが
最後は故障により若くして
引退をしてしまいました。

もちろん奥川投手がこのままでは
ダメだということではなく
また直したからといって
さらに良くなるとは限りませんが
プロのスカウトの目には
どう映っていることでしょうか?

続いて注目のバッターは

今年は大阪桐蔭出身で
現日本ハムの中田選手や
早稲田実業出身で同じく
日本ハムに在籍する清宮選手
さらには
昨年の夏を制した大阪桐蔭の
根尾選手や藤原選手といった
怪物と呼ばれるような選手は
不在でした。

あえて大会を通じてMVPの打者を
決めるとすれば優勝した
履正社高校の4番の井上選手です。
決勝で見せた3ランホームランは
打撃の内容よりもあの場面で
打ったことが本当に素晴らしいと思います。

ただフォームとして気になる点は
やや骨盤の前傾が弱いことと
インパクト時に体が浮き上がり
体幹が抜けることです。

骨盤が後傾気味

骨盤が充分に前傾されたフォーム

金属バットを使っているので
上半身の力だけでも飛ばすことは
できていますが
木製バットになった場合
決勝でのホームランは生まれなかった
かもしれません。

また上半身主導でスイングをしているため
バットを振り出すのが早く
プロ野球ではキレのあるボール球の
変化球にバットが止まらなくなるのではと思います。

もちろん可能性や伸び代を
考えると体も大きいので
将来はプロ野球を代表する
選手となるかもしれません。

ですが私が最もおすすめする
バッターは他にいます。

それは同じく履正社高校の1番
桃谷選手です。

おそらく多くの方が
この夏印象に残している
バッターの1人だと思います。

私もあたなと同じく
良い選手だと認識していますが
ドラフト1位で取るほどの選手ではない
と考えてはいませんか?

確かに身長はプロ野球で見ると
やや小柄であり大会前から注目が
集まっていた選手ではありません。

ですが私はこの選手を
ドラフト1位で抑えておきたい選手
だと考えています。

もちろん他球団がほとんど
マークしていなければ
先に競合しそうな選手を
指名するのがドラフトのセオリーです。
例えば強豪が予想される
奥川投手や佐々木投手など
有望な投手を一位指名するのが
セオリーです。

しかしそれでも
他球団に取られるくらいなら
最低でも2位で指名しても良い選手だと
考えています。
昨年も高校生野手をドラフト上位で
指名することがあったので十分に
考えられることでしょう。

指名すべき理由は初球から完璧に
タイミングを合わせることができる
ことと打席内容の良さです。

バッティングにとって
最も重要な要素はタイミングを
合わせる能力です。

極端な話小学生でも
タイミングを合わせることが
できればプロの球を打つことが
可能でしょう。

しかし現代野球では
球速が上がり
変化球の球種も増えたことで
タイミングを合わせてさらに
ボールにバットをコンタクトさせることが
難しくなっています。

しかしこの桃谷選手は
今大会初球打ちが
非常に目立ちました。

それは絶対的な自信があるから
思い切ってバットを振れるという
見方もありますが
それ以上にフォームが素晴らしいと
私は感じています。

初球から打てる選手は積極的と
言われますが初球から打てない選手は
決して消極的というわけでは
ありません。

なぜならば初球から打てないのは
気持ちの問題ではなく
タイミングを合わせることができていない
という技術的な問題だからです。

そうしたバッターでも
打席の中でボールに慣れてくれば
徐々にタイミングを合わせられますが
3ストライクを取られたらアウトに
なってしまうため追い込まれれば
打率は低くなるのが当たり前です。

しかし桃谷選手のように
初球から振れるということは
その初球で打てなくても
バットを振ったことでタイミングの
修正がしやすくなるので有利に
働くのです。

桃谷選手を見て
思い出すのは
2008年に甲子園を制した
大阪桐蔭の浅村選手です。

現在楽天に所属する浅村選手は
大阪桐蔭の1番バッターとして
高打率を残し一気にドラフト候補へと
名乗りを上げ西武ライオンズへ入団しました。

その後は打点王を獲得したり
日本代表にも選出されるなど
日本を代表するバッターへと成長しました。

その浅村選手も
タイミングを合わせるのが
非常にうまく初球から振って
打率を残せるタイプの選手でした。

小柄という面では
苦労するかもしれませんが
スイングの力もあるので
是非とも上位で指名したい選手の
1人であると思います。

ps,実際にプロから指名を受けるには
プロ志望届が必要なため
進学を希望していれば
今回は指名はされない
かもしれませんが
大学に進学し4年後のドラフトでは
注目選手となっているかもしれませんね。

昨年のドラフト選手の記事です↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です