NPB プロ野球のこれから2


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回はプロ野球のこれからの
問題としてクライマックスシリーズや
MLBとの関係について
お伝えしていきました。

今回はその続きについて
お話ししていきます。

交流戦

交流戦は2005年より開催された
システムでセ・リーグとパ・リーグの
チームがシーズン中に戦い
その結果が各リーグの成績に
反映されるものです。
もちろん交流戦期間中の順位も
競っているため勝率が一番高いチームには
賞金が出ます。

交流戦が始まった当初は
今までオールスターと
日本シリーズのみでしか戦うことの
なかったセ・リーグとパ・リーグの
球団同士が戦うということで大いに
盛り上がりをみせましたが
その反面交流戦が当たり前に
なったことで
オールスターや日本シリーズの
面白みが減ったようにも
思います。

特に日本シリーズは
今までであれば
リーグを戦い抜き優勝した
チーム同士がシーズン後に
始めて顔を合わせて戦うもので
みている側からしてもとても
緊張感があるものでした。

しかし現在では優勝チーム同士の
対戦カードはすでに交流戦で
実現しており新鮮味は少し減っている
ように思います。

また以前にもブログで書きましたが
システム上DH制を採用している
パ・リーグの方が有利であるということも
あり通算でセ・リーグの球団が
多く負け越しをしているため
その後のリーグ戦でも
セ・リーグは3位チームであっても
借金(負け越している)がある
ということも珍しくなくなりました。

この問題とCSの問題点が合わさることで
前回も話したようにシーズン負け越しの
チームが日本一になってしまう可能性が
高くなっているように思います。

もちろん交流戦ならではの
盛り上がりもあるのでいきなり
やめるということにはならないと
思いますが現状は交流戦の
試合数を減らすなどの対応が
取られているようです。

2リーグ制

現在プロ野球は2リーグ制によって
行われていますが
最近ではそうした2リーグ制を
廃止するという議論もあるようです。

歴史的に見れば
もともとプロ野球は1リーグ制でしたが
プロ野球人気の高まりに応じて
球団数も増えて
現状の2リーグ制が当たり前となりました。

では1リーグ制にするとは
どういうことかというと
12球団を3地区に分けて
順位を競い最終的に3地区の
トップチームとワイルドカード1チームが
日本一をかけて戦うというシステムです。

メジャーリーグに近いシステムですが
これは実現の可能性は低いと言えるでしょう。

しかしこの他にも
さらなるプロ野球の拡大と
発展を目指して球団数を増やす
という案もあるようです。

日本は12球団しかプロ球団はありませんが
メジャーでは30球団もあり
日本の野球の規模から考えると
球団を増やすというのはありえなくは
ないと思います。

例えば4球団増やすことができれば
16球団を4地区に分けることができ先ほどの
システムがいきてくるかもしれません。

これが実現すれば
単純にプロ野球選手は増え
球場も新設され野球人口の減少の
歯止めとなってくれるかもしれません。

もちろんプロ野球選手が増えることで
平均的な選手の質は落ちるかもしれませんが
それも最初だけで時間が経てばレベルは
保たれると思います。

またいきなり球団を作るとなると
難しいかもしれませんが
最近では日本各地で独立リーグが
生まれており、そのレベルも
毎年プロ野球球団から
ドラフト指名をされている通り
問題はないでしょう。

あとはスポンサーとなる企業が
4球団分集まれば十分に可能な
案だと思います。

このように様々な問題がありますし
何かを変えることで全ての人が
納得のいく結果にはならないかもしれません。

しかし批判を恐れずに
長い目で見れば
あの時制度を変えてよかった
と思えるような取り組みが
できるとこれからのプロ野球や
日本の野球の未来は明るいと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です