NPB プロ野球のこれから1


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

プロ野球のペナントレースも
いよいよ後半戦へと突入し
優勝争いやクライマックスシリーズ
進出に向けて負けられない戦いが
続いていきます。

そんなプロ野球ですが
現在様々な問題や新たな提案が
取り上げられています。

今回はそうした問題や提案を
考えていきましょう。

CS(クライマックスシリーズ)

まず直近の問題として
CSが必要かという問題があります。
最近の野球しか知らない人は
CSは当たり前のものと
思うかもしれませんが
始まったのは2004年のパ・リーグからで
比較的まだ新しいシステムです。

CSがなかった以前はリーグ優勝チームが
そのまま日本シリーズに進出していました。
しかし優勝チームが決まってしまうと
その他のチームにとっては全ての試合が
消化試合となってしまうため
そうした状況を改善するために
シーズン後にリーグ上位3チームによって
日本シリーズ進出をかけた戦いを
するようになりました。

その結果シーズン終了ギリギリまで
CS進出争いが行われるようになり
またCSでも短期決戦独特の
緊迫した試合がみられるようになり
さらに興業的にも成功を納めたため
2007年からはセ・リーグでも採用されるように
なりました。

しかし、CSでリーグ優勝チームが
敗れてしまうことも多く
一年を戦い抜いて優勝したチーム
同士が戦わない日本シリーズには
疑問が上がっており
現システムの場合シーズン負け越しの
チームでさえ日本一の可能性が残されて
いるのです。

実際以前ロッテがリーグ3位から
CSを勝ち上がり日本シリーズも制して
日本一に輝き史上最大の下克上と
言われました。

こうした日本シリーズ自体の価値が
少し下がってしまうことには少なからず
不満もあると思うので納得できる
システム変更が今後必要になることでしょう。

また消化試合がなくなったことは
良いことではあるかもしれませんが
シーズンギリギリまで手を抜けない状況が
続くため来期の巻き返しに向けて
若手や試してみたい選手をに
経験を積ませることが難しくなり
チャンスが減っているという意見も
あるようです。

MLBとの関係

野茂投手やイチロー選手の
活躍以降日本で活躍した選手が
海を渡り世界最高峰の舞台とも言われる
メジャーリーグへ挑戦するようになりました。

現在も大谷翔平選手や
田中将大選手前田健太選手などが
メジャーで活躍をしています。

そうした影響から
今では高校生が将来はメジャーリーグで
活躍したいと夢を語るようになりました。
実際こうした話は珍しい話ではなく
大谷投手に至っては高校生の時に
日本のプロ野球を経由せずに
直接メジャーを目指すとして
話題となりました。

結果的には日本ハムに入団することに
なりましたが
過去には田澤投手が
社会人野球の名門
ENEOSからレッドソックスへ
直接入団し話題となりました。

これにより日本のプロ野球を経由せず
海外のプロ球団と契約した選手は
一定期間日本のプロ野球とは契約できない
という通称田澤ルールが生まれました。

これは優秀な人材が日本から流出してしまう
ことを防ぐ狙いがありますが
海外を夢見る選手にとっては
海外への挑戦が今まで以上に
一か八かの選択となってしまうため
非常に難しい問題だと思います。
今後ルールが緩和されることも
あるのではないでしょうか?

次回は
交流戦と2リーグ制について
お伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です