ティーバッティングで意識すべきこと


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

バッティングにおいて素振りの
次のステップの練習といえば
ティーバッティングがあります。

ティーバッティングは
素振りに比べると
ボールにタイミングをある程度
合わせる必要がありますが
フリーバッティングに比べれば
自分の思い通りのスイングができます。

またボールを打つことで素振りの
感覚がティーでも通用するかを
知ることができ
さらに打球を見ることで
スイングの軌道も確認することが
できます。
そのためバッティング練習においても
非常に重要どの高い練習になっていると
言えるでしょう。

しかし何も意識せずに
ティーバッティングを
してしまうと練習の効果は
半減してしまいます。

今回はそうしたティーバッティングにおいて
特に重視してほしいポイントを
お伝えしていきます。

①打球方向
まずは打球方向です。
無意識にスイングしている選手の
多くがティーで打球を
引っ張ってしまいます。

つまり
右バッターであればレフト方向
左バッターであればライト方向
に打球を打ってしまいます。

このような方向に打球が
飛ぶということは
バットが内ではなく外から出ている
可能性が高くドアスイングに
なってしまっていることでしょう。

これでは実戦の打撃では
ヒットを打つ確率は
低くなってしまいます。

もちろんあえてインコースのさばきを
練習するために意識をして引っ張る
練習方法もありますが
良い選手は
無意識に振っていても
打球がセンターや逆方向に
飛んでいきます。

なぜならば
バットを内側から出し
ボールの内側を打つ感覚が
自然と身についているからです。

それができていない選手は
無理にでも意識をして
センター方向に打つようにし
打球を引っ張らないように
注意しましょう。

②タイミング
ティーをやるで最も
気をつけてほしい点として
タイミングがあります。

多くの選手が
ボールに合わせるのではなく
トスする人が打者が打ちやすいように
タイミングを合わせてあげています。

これでは実戦の打撃にはいきてきません。
なぜならばピッチャーは打者のタイミングに
合わせてボールを投げてくれないからです。

タイミングの練習をするためにも
打者のモーションに合わせて
トスを上げるのではなく
トスのモーションに合わせて
打者がスイングの始動を開始するように
しましょう。

ティーバッティングのやり方次第で
バッティングは大きく変わっていきますので
このポイントを守れているか
自分でチェックしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です